知らないのは自分だけ?デリケートゾーン(陰部)のニオイ対策を色々試してみた

zone_nioi_0

自分では気がつきにくい、自分が周囲にはなっている自分のニオイ。

汗のニオイやワキのニオイは気にしてケアをする人も多くいますが、意外とケアが疎かになりがちなのが、デリケートゾーンのニオイです。

実は私自身、当時付き合っていた男性からデリケートゾーンのニオイについて指摘を受けてから、本当に悩み、色々と試し、改善したという過去があります。

そこで、今回は、デリケートゾーンのニオイについて、その原因と実際に私が体験した対策・効果を紹介します。

デリケートゾーンのニオイの原因とは?

婦人科医院で色々と診察し、医師に色々と質問をした結果分かったことなのですが、デリケートゾーンにはもともと、膣内には乳酸菌の一種である『デーデルライン桿菌』という『常在菌』が生息しているのだそうです。

この常在菌は『良い菌』であり、デリケートゾーンを弱酸性に保ち、外敵から悪さをする菌がやってきて繁殖しないように、私達のデリケートゾーンを守ってくれています。

つまり、この良い菌である常在菌が正常に機能しているうちは、デリケートゾーンから周囲に分かるほどのニオイが出るということはありません。

それでは、なぜ、私のデリケートゾーンは「臭うね」と言われるようになってしまったのでしょうか。

デリケートゾーンのニオイの原因

<1>雑菌が繁殖してしまった

私の場合、異臭の原因は、デリケートゾーンに悪い菌『雑菌』が繁殖している可能性があったのです。

しかし、デリケートゾーンを弱酸性に保って、雑菌の繁殖を防いでいる常在菌はどうしたのでしょうか?

実は、常在菌の働きを妨げているのは、私の日々の行為でした。

・ボディソープを使って念入りにデリケートゾーンを洗っている

・トイレのビデ機能を使ってデリケートゾーンを清潔にしている

デリケートゾーンも清潔にしておこうと欠かすことのなかったこれら2つの行為。

しかし、デリケートゾーンのニオイを気にするあまり洗いすぎてしまうと、常在菌が減少してしまいます。

そして、常在菌が減ると、デリケートゾーンを守っていた弱酸性のバリアが崩れ、雑菌が増えやすくなってしまうのです。

 

さらに、悪い菌である雑菌が増殖しやすい環境には、以下2点のような特徴があるそうです。

・雑菌の栄養が豊富なこと

・高温多湿であること

人間の手によって常在菌が減り、自浄作用が弱まったデリケートゾーンは、まさに雑菌が大好きな場所なのです。

 

常に分泌されていて、常在菌が元気な時には常在菌と同様にデリケートゾーンの自浄作用に役立っているおりものも、常在菌が減って雑菌が増えやすくなったデリケートゾーンにおりものが分泌されると、雑菌はそのおりものを餌に、さらに増殖していきます。

そして、おりものを食べた後に雑菌が吐き出した物質が増えてくると、周りが顔をそむけたくなる様な異臭を放つようになってしまうというのです。

 

実際に私が実施した対策

今までの経験で、デリケートゾーンを洗わないという選択は考えられませんでした。そこで、医師に相談をして使い始めたのが、この『pHケア フェミニンウォッシュ』です。

zone_nioi_1

参考:http://jrs-corp.jp/

 

『pHケア フェミニンウォッシュ』は女性のデリケートゾーン専用の洗浄剤で、デリケートゾーンに合わせて弱酸性となるような成分の配合になっています。

これにより、洗いすぎてデリケートゾーンの弱酸性バリアが壊れないようになっているのです。

私自身、どうしても生理中の不快感を拭いたくてトイレのビデ機能を頻繁に使っていましたが、『pHケア フェミニンウォッシュ』を使うようになってから、デリケートゾーンを必要以上に洗うことも少なくなり、たまに感じていたデリケートゾーンの痒みもなくなりました。

さらに、『pHケア フェミニンウォッシュ』を使うようになってから、私にデリケートゾーンのニオイを指摘した男性も「ニオイが気にならない」と言ってくれるようになりました。

 

<2>アンダーヘアの手入れが不十分だった

デリケートゾーンのニオイに悩むまでの私は、アンダーヘアの手入れをほとんどしていませんでした。

 

そもそも、どのように手入れをしたらよいかもわかりませんし、そんなことを友達に相談することも恥ずかしかったのです。

 

しかし、私の診察をしてくれた医師によると、高温多湿になりがちなデリケートゾーンにあるアンダーヘアを手入れしないということは、雑菌が増える環境を人間自らが与えているようなものだというのです。

 

実際に私が実施した対策

次に、定期的に自分自身でアンダーヘアの処理をするようになりました。

基本的には2週間に1度、使わなくなったはさみをアルコール消毒してから使っていました。

しかし、このやり方だと、処理をした後のアンダーヘアがチクチクしてしまって、気になるようになってしまいました。

次に、自己処理用のシェーバーをインターネット通販で購入をして使い始めました。私が使ったのはこの『ラヴィア Vライントリマー』です。

zone_nioi_2

参照:http://www.koei-web.jp/ravia/v1.html

 

これはビキニライン専用のヒートカッターなので、処理をした後の毛先が丸くなり、ハサミで自己処理をしていた時の様なチクチク感がなくなりました。

この『ラヴィア Vライントリマー』は今でも使っているのですが、この2年ほどはワキや足の脱毛をしようと定期的に通っている脱毛サロンでデリケートゾーンの脱毛もお願いしています。

もともと、脱毛サロンではワキをはじめ、恥ずかしくなるようなところをスタッフに見せているので、アンダーヘアの脱毛もあまり抵抗がありませんでした。

デリケートゾーンの脱毛は今2年目に入ったところなので、一旦完了するまではあと1年位かかりそうですが、自分でアンダーヘアを処理する手間が大幅に減りましたので、とても快適です。

<3>体臭を強くする食事をとる傾向にあった

私は魚よりも肉が大好きです。鶏肉よりも豚肉や牛肉の方が好きです。ビールを飲みながら焼トンを食べている時は幸せの絶頂で、仕事でのストレスも一気に吹き飛ぶような気がしています。

しかし、この食生活がデリケートゾーンのニオイを強めていると、医師から診断されました。

動物性脂肪の多い食べ物は脂肪酸の分泌を活性化させる働きもあるので、デリケートゾーンを含めた体臭そのものが強くなりやすいのです。

 

実際に私が実施した対策

魚よりも肉の好きな私は、栄養士の友人にアドバイスを受け、デリケートゾーンのニオイ対策として、柑橘系の果物やベリー系の果物を積極的に摂るようになりました。

具体的には、

・朝は必ずジューサーでグレープフルーツジュースを作って飲む

・グレープフルーツに飽きてきたらイチゴやブルーベリーなどのジュースする

・朝食としてバナナを1本食べる

です。

この食生活を続けるようになって3カ月もした頃、私にデリケートゾーンのニオイを指摘した男性から「最近はニオイ、大丈夫だね」と言ってもらえるようになりました。

また、朝食をバナナ1本にしていたおかげか、便通もよくなり、3カ月で5kgのダイエットにも成功することができました。

 

<4>『すそわきが』の兆候もあった

『すそわきが』という言葉を聞いたことがありますか?

『わきが』という言葉から想像がつくかもしれませんが、きつい『わきが』のにおいがデリケートゾーンからしている状況が『すそわきが』です。

以前から使用をした下着から鼻がツンとするような酸っぱいニオイを感じるようになっていたのですが、私のデリケートゾーンは『すそわきが』となっている可能性もあるようでした。

『わきが』も『すそわきが』も、原因となっているのはアポクリン腺という汗腺です。アポクリン腺はワキをはじめ、乳首やデリケートゾーンにもあります。

デリケートゾーンはアンダーヘアや定期的なおりものの影響もありムレやすい状態になっていますが、このムレた状況とアポクリン腺から出る汗が混ざると、私の下着からしていたツンとする強いニオイや、玉ねぎが腐ったようなニオイがするのだそうです。

 

実際に私が実施した対策

下着のニオイに気がついた時には、まだ婦人科医院を受診する前でしたので、なんとか自分で治せないかと、色々な商品を試してみました。

 

例えば、フロプリーはデリケートゾーンケア用に開発された医薬部外品で、サプリメントとデリケートゾーン用ボディソープがセットになっています。

体の外側からだけではなく内側からも『すそわきが』対策ができる点に興味を持って使いました。

zone_nioi_3

参照:http://fropree.com/

 

また、デオプラスラボという、『すそわきが』にも使える『わきが』対策用クリームも使っていました。医薬部外品で、1日1~2回使っていました。

zone_nioi_4

参照:https://deopluslabo.com/

使っている時には、何となく改善をしている様な気もしたのですが、根本的な治療をした方が良いのでは…と感じ、美容外科の診察を受けることにしました。

 

美容外科の診察を受けた結果は?

医師から説明された『すそわきが』治療法は

・ボトックス注射

・レーザー治療

・手術

の3つでした。

ボトックス注射 ボトックス注射による治療は、実際の治療時間が5分程と短時間で済みますので、気軽に試しやすい治療行為です。しかし、ボトックス注射による効果は半年~1年程しか続きませんので、定期的な通院が必要になります。
レーザー治療 レーザー治療では、ニオイのもとになっている汗腺をレーザーで焼きます。ボトックス注射による治療に比べると効果も長く続きますし、手術を受けることに比べれば治療による傷を最小限にすることができます。ただし、レーザー治療をしても『すそわきが』が完治するというわけではありませんので、ボトックス注射同様に定期的に通院して治療をする必要があります。
手術 『すそわきが』の手術では、アポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺といった『すそわきが』のもとを除去することができますので、『すそわきが』の完治を目指すことができます。しかし、傷がレーザー治療よりも大きくなるなどのデメリットはあります。

 

説明を受けて手術をする方が一番治療効果高いことは私でも理解できました。しかし、デリケートゾーンに傷が残るリスクというものが、どうしても不安で怖くて、踏み切れませんでした。レーザー治療も同様です。

結果として私は半年に一度、ボトックス注射を打つようにしています。

下着を通じて感じていたツンとするようなニオイは感じられなくなりましたし、面倒かもしれないと思っていた通院も、ヒアルロン注射など顔のメンテナンスを考えていたこともあり、美容外科そのものに通いやすいと感じるようになって、通院が面倒だと考えることもなく、今でも続いています。

 

<5>感染症や婦人科系の病気にかかっている

私は大丈夫だったのですが、デリケートゾーンやおりものから強いニオイを感じる場合、感染症にかかっている可能性や婦人科系の病気を発症していることも考えられます。

以下に、デリケートゾーン関連の感染症や病気について、その特徴的な症状を紹介します。

細菌性膣炎 おりものの量が増えてニオイが強くなったり、デリケートゾーンに今まで感じなかったような痛みやかゆみが生じていたりする場合は、細菌性膣炎になっているケースがあります。細菌性膣炎は何も処置せずに放置していると、症状はみるみる悪化し、細菌性膣炎が子宮や卵巣にまで広がる危険性もあります。なお、細菌性膣炎は一度完治したと思っても、ストレスや疲労が抜けにくい人の場合は何度も再発をすることがあるそうです。
クラミジア クラミジアは、クラミジアトラコマチスと呼ばれる細菌に感染する事が要因となり発病する性感染症です。女性はおりものが増加したり、緑色になって強いニオイがしたりすることで、クラミジアに感染している自覚をするケースがあります。
カンジダ膣炎 カンジダ膣炎は膣内のカビ菌が異常増殖することで発症する感染症です。おりものが生臭い魚のような強いニオイを発するほか、陰部に炎症や痛み・かゆみが現れます。
トリコモナス トリコモナスはデリケートゾーンが原虫という細菌に感染し、それが主要因になって発症する感染症です。おりものから悪臭がするほか、おりものが泡状になったり、膣や陰部に強いかゆみが生じたりします。
淋病 淋病は淋菌という菌がデリケートゾーンに感染することにより発症する感染症です。おりものが強いニオイを発する上、子宮頸管炎を併発することもあります。
子宮頸ガン 子宮頸ガンは子宮の入口である子宮頚部にできるガンのことです。おりものが悪臭になる他、生理以外の時に出血や血尿が生じることもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は性感染症の疑いはないと思っていましたが、デリケートゾーンのニオイを気にするようになってから、かかりつけの婦人科医院や美容外科を見つけ、定期的に通院するようにしました。

また、デリケートゾーンのニオイを気にするようになってから、婦人科系の病気についても調べたり、かかりつけの病院で質問をしたりするようにもなったので、デリケートゾーンのニオイを指摘してくれた男性にとても感謝しています。

デリケートゾーンのニオイ対策を自分で色々と試してみた結果、日頃の生活習慣を見直しながら、地道に改善をしていく必要があるということが分かりましたし、場合によっては医師の診察を受けた方が良いことも分かりました。

デリケートゾーンのニオイについて、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る