毎日ブーツやパンプスでも足が臭わなくなる最強の方法がある!

1059

多くの女性が履くブーツやパンプス。

オシャレでスタイル良く見せてくれるマストアイテムではありますが、一方で足が臭う原因を作ってしまうアイテムでもあります。

しかし、そんなブーツやパンプスを毎日履いても足が臭わなくなる最強の方法があるのです!

宴会シーズンや友達・彼の家で靴を脱ぐ可能性があるのであれば、今からしっかりケアしておきたいものです。

 

同じ靴を毎日履かない

一度かいた汗を靴から取り除くには2日間かかると言われます。

つまり、足のニオイを気にしないためには、最低でも1日履いたら2日間休ませるサイクルにする必要があります。

いくら「気に入っている靴だから」「大好きな人にプレゼントしてもらった靴だから」といっても毎日履いては足が臭うもとになるので止めましょう。

 

また、履いた靴をそのまま放置していませんか?靴そのもののニオイをしっかり除くためにも、履いた靴には靴専用の消臭スプレーや殺菌スプレーをかけて、抗菌作用のあるシュードライを入れて最低でも2日間は入れて放置しましょう。

また、できることなら、脱いで3日目で履かずにシューキーパーをはめて靴を休ませましょう。

できれば木製のシューキーパーを使った方がより除湿効果が期待できます。

 

足の洗い方を変える

足が臭う原因は汗や皮膚に残った垢を細菌がエサにして増殖するからです。

足についた細菌をキレイに取り除くためにも、足の洗い方は今日から変えましょう。

体を洗うボディソープで足も洗っているという人が多いとは思いますが、細菌知らずの足にするためには、高い殺菌効果が期待できる固形石鹸や素足専用のボディソープを利用します。

体を洗うボディソープを使ってしまうと、ボディソープに含まれている保湿成分は足には多すぎて、細菌が増殖しやすい環境をつくってしまうのです。

 

また、足を洗い終わって洗い流す場合には、かかとやくるぶしといった、垢が溜まりやすい部分集中的に洗いましょう。

単に体を洗い流すついでで足を洗い流す程度にとどまってしまうと、体から出た垢が足に残りやすくなってしまうので、体を洗い流す最後には足を念入りに洗い流すという癖をつけるようにします。

 

クエン酸を活用する

体臭対策に効果的な成分がクエン酸です。

クエン酸とは梅干しやレモン・お酢といった食品に含まれている「酸っぱい成分」で、一般的には薬局で手に入れることができます。

 

例えば、薬局に売っている精製水50mlにクエン酸を耳かき1杯程度溶かしたクエン酸ローションを作って、朝・夕と足に塗ります。

塗り方としては普通の化粧水をつけるように、手でつけてもかまいませんし、コットンで軽くパッティングしながらつけてもかまいません。

クエン酸が足の皮膚の角質から浸透して効果を発揮するだけでなく、皮膚の表面で細菌が繁殖しないように防いでくれます。

 

また、クエン酸を使った足湯もおすすめです。

洗面器に小さじ1杯程度のクエン酸を加えて、30分~40分ほど足を浸します。

クエン酸ローションと同じように、皮膚から浸透して効果を発揮しますし、足の皮膚表面でも細菌が繁殖しないような効果も出ます。

 

さらに、クエン酸ショウガドリンクもおすすめです。

コップ1杯の水またはお湯にクエン酸・ショウガのすりおろしたもの・ハチミツを小さじ1杯ずつ入れてよく混ぜ、お風呂上りなど代謝の良い時に飲みます。

クエン酸ショウガドリンクを飲むことで代謝を更に挙げることができるのはもちろん、ドロドロ汗になりがちな足からサラサラ汗がかけるように汗腺に働きかける効果が期待できます

 

食べ物にも注意を払う

食べ物も足の臭さを左右します。

例えば、にんにく・たまねぎ・カレーといった香辛料やにおいのきつい野菜のほか、アルコールやカフェインの過剰摂取には注意しましょう。

また、ベジタリアンの人たちよりも肉を食べる人の方が足の臭さだけでなく総じて体臭が強くなる傾向があるとも言われています。

足の臭さ知らずに近づくためには玄米や生野菜・白身の肉・果物・を積極的にとっていきましょう。

 

水分はこまめにとる

【対策4:こまめな水分補給を心掛ける】

体内で水分が不足すると、汗をかいたときに汗の成分が濃くなり、足のニオイだけでなく汗そのものの臭いが強くなります。

1日あたり1.5リットルから2リットルを何回かに分けて飲むことを目安に、汗の成分が濃くならないように、水分をこまめに補給するようにしましょう。

 

まとめ

足の臭さと一口に行っても、足そのものに原因がある場合もあれば、靴や日頃食べる物に原因がある場合もあります。

毎日少しずつでもいいのでコツコツ対策をしていくことで、毎日ブーツやパンプスでも足が臭わなくなる日はすぐにでもやって来そうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る