30代の加齢臭 消臭に効く意外な成分とは?

126

加齢臭は2-ノネナールという成分が原因で発生することが良く知られています。

これは40代を中心によく生じるものですが、30代でも加齢臭を感じさせる場合があります。これは、2-ノネナールが早い段階で生じているのでは、と思われていましたが、実は別の原因がありました。

30代は2-ノネナールから生じる古臭いにおいではなく、もっと脂っぽいにおいが生じます。例えば、シャツを脱ぐときにシャツの胸の部分が鼻の前を通り過ぎますが、その時にフッと脂臭いにおいを感じることがあります。これは体を動かしたりして汗をかいた時に生じるのではなく、定常的に生じるものでした。

そして、この原因を調査したところ、このにおいの正体は「ペラルゴン酸」という脂肪酸でした

ペラルゴン酸は使い古した植物油のようなにおいを発するもので、2-ノネナールとは全く異なる成分でした。

 

ペラルゴン酸を抑える方法は?

126

ペラルゴン酸を抑える成分を探すために、色々な比較実験がなされました。その結果、ペラルゴン酸を抑えるするためにとても有効な成分が見つかりました。

メマツヨイグサ

これが最も効果が高い成分であり、井草(畳に使われますね)の一種です。この中に含まれる成分が効果的でした。メマツヨイグサは月見草や宵待ち草などとも呼ばれます。元々はアメリカ原産の植物で日本には江戸時代頃に海を越えて渡ってきたと言われています。

メマツヨイグサは黄色い小さな花をつける特徴がありますが、この花の種子から抽出された成分が、ペラルゴン酸の生成を抑える働きをします。

 

メマツヨイグサの活躍例

このようにして発見されたメマツヨイグサは、30代向けのなシャンプー、コンディショナー、消臭スプレーなどの成分として利用されています。

例えば、ライオン社の「デオドラントソープ」「デオドラントミスト」「デオドラントボディーシート」が有名です。いずれも30代からのにおいの発生を抑えることが目的で、メマツヨイグサのエキスが配合されています。これらの成分は表記上は「保湿成分」と書かれています。皮脂がペラルゴン酸に代わることを防ぎ、30代特有の悪臭を抑える働きをしています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る