加齢臭に効く食べ物 食事習慣の工夫で消臭可能

143

加齢臭は皮脂が参加することで生じます。

ということは、皮脂が出にくいような食事を普段心がけていると、加齢臭は消えていくことになります。ただ、食事の内容を変えた程度で本当に加齢臭は収まるのでしょうか?

 

皮脂が出る食べ物を避けることで加齢臭は低減可能

実際のところ、食事内容を変えるだけで加齢臭は出にくくできます。もちろん、きちんと入浴し体を清潔にするなど、色々な対処法の合わせ技は必要になります。

食事による対策方法は「皮脂が出る食べ物を避ける」という点につきます。具体的には脂肪分の多い食べ物を避けることです。

 

加齢臭を減らすために避けた方が良い食べ物

体内で参加する脂質を減らすためにはとにかく動物性の脂肪を減らすことが大切です。具体的には、常温で固形になる油脂類を避けることが有効です。常温で固形になっているものは、豚の脂である「ラード」、牛脂である「ヘッド」、パンなどにつける「バター」が代表的です。

その他にも、焼き肉のカルビや、豚の角煮なども当てはまります。男性で大好きな人が多いと思われる、こってり系のラーメンなどは脂がそのまま浮いているのでけっこうな量の動物性脂肪を摂りこんでしまいます。腸から吸収された油脂は体中を巡っていき、代謝の過程を経てその一部は皮脂から分泌され、そのまま臭いの原因となります。

 

植物性油は加齢臭に効果的

143

ただ、避けた方がよいものはあくまで「動物性の油」であり、反対に摂取した方が良いものもあります。具体的には、オリーブオイルやごま、魚の油などは、抗酸化ビタミンが含まれており、加齢臭を防ぎます。特に植物に含まれる油はより効果が強く、悪玉コレステロールを下げてくれる効果もあります。

また、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンはあくまで総称で、具体的にはベータカロチン、ビタミンE、ビタミンCなどをさします。この中で、ベータカロチンは人参、ホウレンソウ、カボチャ、トマトなど食卓によく並ぶ色のついた野菜に多く含まれています。比較的摂りやすく、その割には加齢臭にも健康にも効果的ですので、大変お勧めです。

ビタミンEは先述のオリーブオイルやゴマ、ナッツなどに、ビタミンCはレモンやみかんなどに多く含まれています。

基本的には「肉ではなく野菜を多く食べると良い」という部分に集約されると思いますが、これを機にややベジタリアン風に食生活を変えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る