意外な効果! 肉を止め大豆を食べると加齢臭が激減する

加齢臭は体の脂肪が酸化することで生じます。体の脂肪を最も増やす食べ物は肉ですから、当然肉の量を減らすとか入れ臭が減ります。ここでさらに、大豆を中心とした食生活にすると効果があります。

 

肉はタンパク質を作る食べ物ですがにおいの面では逆効果

153

人体をつくり健康に保つ栄養素にタンパク質があります。タンパク質は、生物の重要な構成成分のひとつであり、私たちが生きていくためには不可欠です。タンパク質を多く含むものは肉なのですが、食べ過ぎは加齢臭の基になります。

肉は加齢臭だけではなく、体臭の原因にもなりますので、体力はつきますがにおいの面ではあまり好ましくありません。

関連記事:体臭 肉はにおいを最もきつくする食べ物

 

そこで、このタンパク質の供給源を魚、特におすすめである「大豆」に変えてやると加齢臭に効果があります。

体内に入ったタンパク質のうち肉など脂質が多いものは、分解されると、アセトアルデヒドやアンモニアなど刺激臭を強く発する物質を発生させます。理科の教科書なのでも習ったと思いますが、アンモニアは悪臭の代名詞的な存在ですね。腸の中でこのような物質が充満した状態になると、体臭により直接的な悪影響を与えます。これより、肉を食べすぎると脂肪が酸化する要因を与えるだけでなく、より悪臭を多く発生させてしまうことが分かります。

ただ、同じくタンパク質を含む食べ物である「大豆」の場合は少し事情が異なります。大豆には「サポニン」と呼ばれる抗酸化作用を持った物質が含まれているため、脂肪が酸化し加齢臭が生じることを防いでくれます。その結果、参加を促進する肉とは対照的に、加齢臭を抑える効果があります。また、大豆だけでなく、納豆やヨーグルトなどの発酵系食品にも同様の効果があります。

なお、大豆には育毛効果もあります

厳密に言うと、大豆により毛が生えるわけではありませんが、大豆に含まれるイソフラボンという栄養素が女性ホルモンを増加させることで、男性ホルモンが原因で生じるAGAという薄毛を防止することができるのです。

参考記事:大豆イソフラボンの育毛効果

 

健康な食べ物が加齢臭に効果があります

加齢臭に良い食品を、前回の記事に続いてこれまで挙げてきました。

関連記事:加齢臭に効く食べ物 食事習慣の工夫で臭いは消せます

 

これらを見ると分かりますが、加齢臭を防ぐ食べ物は基本的には「野菜を筆頭とする体に良いとされる食べ物」になります。

これらの摂取を続けることで加齢臭対策になるだけではなく、総合的な健康維持に効果的ですので、できるだけ油物などを控えるようにすると良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る