季節によって加齢臭の強さは異なる 意外に危険なのは冬

においは一年を通じていつ頃がきつくなるのでしょうか?

何となくイメージするところとして、夏場は汗がたくさんでますし、やはりこの時期が一番きついように思います。ただ、実際のところは冬場の方が危険が高いと言えます。

 

夏場と冬場の私たちの行動を振り返ってみる

夏場は体臭の面では条件が悪そうですが、実は意外と手入れができている分、においが抑えられます。

例えば、夏場は汗をかいたりして体が臭くなる自覚があるため、シャワーを浴びたり、石鹸を使って丹念に体を洗ったりします。シャツなどの衣類が汚れますので、着替える頻度もマメになりますし、汚れがよく落ちる洗剤を使って洗濯をするようになります。

ところが冬場になると、あまり汗をかいていないので、という理由で風呂に入る頻度が落ちてしまったり、寝間着などをあまり交換しなくなります。また、汗臭さがなくなる分、ベースにある加齢臭のにおいが目立ってしまいます。さらに、汗が減ったことで脂肪の酸化があまり進んでいないように感じますが、実際は年間を通して皮脂の分泌量は変わらないことも多いので、加齢臭の基になる物質はどんどんつくられている可能性もあります。

 

厚着の服に加齢臭が残りやすい

159

冬場の特徴として洗濯をしない厚目の服をよく着用することが挙げられます。

具体的にはジャンバーやコート、室内でもちゃんちゃんこのようなものがあります。これらは洗濯することが早々ありませんし、コートなどはクリーニングに出すとしてもせいぜい年に数回です。よって、これらの衣類についてしまった加齢臭はなかなか落ちる機会がなく、長期にわたって加齢臭を漂わせることになります。

おじいちゃんの家に行った際に、ちゃんちゃんこを着ていることがあります。私の祖父は北国に住んでおり、子供の頃よく抱いてもらいましたが、今思えば壮絶な加齢臭がしていました。祖父が着ていた服はほとんど洗われていなかったので、加齢臭がより強く残っていたわけですね。

 

気温のために気付かないことも多い

気温が低いと、衣類のにおいは目立たなくなります。ところが、人間が着たり温かい部屋に入ることで一気ににおいが生じてきます。

加齢臭も同じですので油断は禁物です。できるだけ、冬場に着る服も綺麗に洗い、クリーニングの頻度なども意識して増やすようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る