加齢臭の原因は何か? どこから発生するのか?

22

加齢臭は年齢によって生じるにおいとその原因も異なります。
加齢臭の問題点として、ただ綺麗にしただけでは根本的には解決しないという点があります。例えば、汗などは皮膚の表面に発生しそこから嫌な臭いを発しますが、シャワーなどで洗い流すと収まります。
加齢臭はそのような体の表面に付着しているものによる一過性のものが原因ではなく、体内の特定の成分が増加することで内部から発生する臭いです。

 

ペラルゴン酸と2-ノネナールが加齢臭を発生させる

加齢臭を発生させる原因は症状に応じて大きく2つに分けられます。

まずは、加齢臭が生じだす年齢に応じた症状を示します。

  • 30代まで:脂っぽくて臭いにおい。
  • 40代以降:かび臭いにおい。例えて言うならば、「古い本」「ろうそく」「チーズ」

次に、各年代別の原因を示します。それぞれ、体内で特定の成分が発生することが原因です。

  • 30代まで:ペラルゴン酸
  • 40代以降:2-ノネナール

ペラルゴン酸は脂肪酸の1種で、ドロッとした脂臭いにおいを発します。2-ノネナールはペラルゴン酸とば全く異なり、青臭さと脂臭さを併せ持っています。皆さんの印象としては、後者の方が強いと思います。

加齢臭は男性特有の現象、と思われている方も多いですが、元々は臭いや体臭に敏感な女性向け商品開発の研究の過程で確立された概念です。

特に、2-ノネナールは元々は女性から発見された物質の一つだそうで、男女共通して発生するにおいです。この成分は、男性ですと主に40歳代以降、女性では閉経後に増加傾向が見られます。加齢臭を気にしだす年齢と大体合っていますので、これが加齢臭の主因と言って良いでしょう。

2-ノネナールによる臭いは石鹸で一時的に除去できますが、固形石鹸の方がボディーソープより効果があります。

関連記事:加齢臭にはボディソープよりも固形石鹸が4.1%も効果的

 

ペラルゴン酸は、30代から主に増加するという結果報告があります。この時期はまだ加齢臭という自覚がないため、ただ汗をかいているだけでこうなっているのかな? と楽観的にとらえがちですが、実はこの時期から加齢臭の症状は進行しています。

先述の通り、加齢臭は男女関係なく発生しますが、一般的に男性の方が皮脂などの老廃物の分泌が多く、それも影響して体臭が強いものになる傾向があります。

 

加齢臭は一体どこから発生するのか?

22

昔、NHKの番組で耳の後ろ側から発生するような話を観たことがありますが、実際どうなんでしょうか?

一般的には、特定の部位に限定されるわけではなく、体全体から発せられます。ただ、加齢臭は皮脂線で多く発生する傾向があるため、皮脂線があつまっていたり汗を掻きやすい場所は加齢臭が発生しやすくなっています。

結果的に、胸、背中、頭皮、首、先ほど述べた耳の裏、などが候補として挙げられます。朝起きた際に、「寝巻きやマクラなどの寝具に臭いがついている」という話をよく聞きますが、これは頭皮や首などの発生箇所が接しているためです。このように、体全体から生じる加齢臭ですが、どちらかというと下半身よりも上半身からの方が臭いやすいようですね。

首や耳の裏の匂いは自分では自覚しにくく、本人は慣れてしまっているため気付きにくいという特徴があります。全く問題ない、と思っていると意外にも加齢臭が出てしまっている可能性がありますので、ある程度年齢を重ねてきた方は注意深く見ていく必要があります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る