口臭とは? ひどくなる生活習慣とは?

229

口臭とは、口から発する悪臭のことを言います。口臭は、歯周病(歯槽膿漏)や虫歯、急な体調不良など色々と原因がありますが、ここでは疾患や特別体調が悪い場合以外のケースを考えてみたいと思います。

 

唾液の殺菌力によって口臭が防がれている

私達の口内は唾液の殺菌力によって雑菌の増殖が普段は抑えられています。しかし、唾液が減少し殺菌力が弱まってしまうと、口内の細菌が増加し口が臭くなってしまいます。

もう少し詳しく説明すると、唾液にはリゾチームと言う酵素が含まれており最近を破壊する作用があります。多少の最近は死なずに残ってしまいますが、これらも唾液が十分に分泌されていれば体内に飲み込まれてしまい、胃酸により消滅します。よって、唾液の分泌が低下すると口内の自浄作用が十分に働かなくなり、口臭が発生するのです。

なお、最も口が臭いタイミングは朝起きた時になります。夜の間に唾液の分泌量が減ってしまいますし、寝ているうちに多少なり口が開いたままになっていますので、そこで口内が渇いてしまうのです。また、空腹時やストレスなどで緊張している時も口が渇きやすいです。

 

最も危険なのは生活習慣の乱れ

229

口臭を悪化させる最も危険な要因は、食生活などの生活習慣です。

例えば、朝食を抜く人は多いと思いますが、これは危険です。朝食を抜くと、唾液の分泌が進みにくくなります。ただでさえ朝方は唾液の分泌力が低下しているのに、ここで分泌させないことで、どんどん口臭がひどくなります。また、朝ご飯に限らず食事の時間がバラバラであったりすると、唾液の分泌量にバラツキがでてしまい、口臭の基となります。

また、他のコラムでも説明しますが、過度のアルコール摂取や喫煙も、適量を超えている場合は明らかに口臭や体臭に影響が出ます。良く知られていますが、これらは度が過ぎると、肝臓の病気や癌などへと繋がりますので、やはりうまくコントロールしてやることが大切です。

このようにして考えると、口臭を気にして生活習慣を改めることができれば、それは結局は健康の促進そのものへと繋がります。さらには、口臭だけでなく体臭の予防などにも結果的に繋がってきますので、少しの改善で多様なコンプレックスを克服できる!、と意気込んで取り組んでいきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る