歯垢・歯石は口臭の原因になる! 歯磨き・フロスかけは必須です

235

口臭の原因は口内で細菌が増殖することですが、歯についた歯垢はその最も代表的な例です

これらは、口臭に最も関係する要因ですが、自己努力で軽減できるものですので、まずは最初に取り組んでいきましょう。

 

歯垢と歯石の違いは?

歯垢と歯石の違いは何でしょうか。どちらかと言うと「歯石」と言う言葉を聞くことが多いと思いますが、その違いについても触れておきます。まず、歯垢とは歯の表面や隙間についているカスですが、上手に歯磨きすれば取り除ける程度のものを言います。一方、歯磨きだけでは取り除けない、歯の間に挟まった硬い石のようなものが歯石です。

歯垢は「何だか汚いもの」という認識はあると思いますが、実はこれは口の中の食べカスを餌にして増えた最近の塊です。そして、歯磨きをせず歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して歯垢が石灰化します。これが歯石です。歯石は歯垢を2、3日程度放っておくと変化してしまいます。このような状態になると、歯磨きをした程度では取り除くことが難しくなります。

 

歯垢・歯石は口臭に直結する

235

歯垢・歯石は放っておくと、虫歯や歯周病になります。虫歯・歯周病は口臭の原因です。

そのため歯磨きは日々忘れないようにすることが基本ですが、歯と歯の間にデンタルフロス&ピックなどを用いてフロスかけを行うことも、できるならやった方が良いです。フロスかけはほとんどの人がやっていないと思いますし、実際に始めてみても面倒くさいのですぐに止めてしまう人が多いと思います。

ただ、一度やってみると分かりますが、歯の間にはかなり歯垢が溜まっています。試しに一度フロスを通してそのにおいを嗅いでみると分かりますが「とてつもなく臭いです」。本当に尋常じゃないにおいで、

「こんなものが歯に挟まっていたら、そりゃ口臭もするはずだ…」

とシミジミと感じました。とにかく、口臭を少しでも抑えたいなら、歯垢と歯石には十分注意しましょう。

また、どれだけ入念に歯磨きをしても多少の歯垢・歯石は徐々に蓄積されていきます。自分では取り除けないものも多々ありますので、これは歯医者で除去してもらうことになります。頻度としては、半年~2ヶ月に1回程度は歯科検診を受けれれば十分ですし、医師もその程度の間隔を推奨してきます。それくらいで通っていれば虫歯も早期に発見できますので、お勧めです。

経験上、半年~1年以上放っておくと歯石は相当溜まってしまいますし、虫歯が新たにできていることが多いです。予防はあらゆる治療法に勝りますので、短めのスパンで病院やクリニックに行きましょう。

 

サプリメントで口臭を押さえる方法

歯垢・歯石の除去で口臭はかなり抑えれますが、サプリメントなどを併用するとより効果が見込ます。

サプリメントを選ぶ際は一時的ではなく、体の中から調子を整えて口臭を抑えることが本質的かつ永続的に効果が見込める正しい方法です。

私が実際に利用して効果が体感できたものを以下の記事で紹介していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

新・楽臭生活 160万個以上売れた大人気体臭・口臭サプリを使ってみました!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る