内臓(肝臓・胃腸)の病気が原因の口臭は強烈 解消サプリメントは?

口臭は主に口内の細菌の増殖が原因です。

ただ、いくらブラッシングや歯石除去で口内を綺麗にしてもいっこうに口臭が収まらない場合もあります

そのような場合は、内臓の病気が原因で口臭が生じていることもあるため、自身の体調管理をしっかりしてやる必要があります。

ここでは、口臭と内臓の関係と、内臓の調子を良くすることで口臭を緩和する方法を考えます

 

口臭と関係の強い内臓は?

体内には多くの臓器がありますが、特に口臭と関係が強い部位は胃腸です。

口臭の原因の中で、歯の病気(歯槽膿漏など)と同程度の割合を占めるものが「胃腸の病気」と言われており、胃腸の調子を整えるだけで口臭が改善されることもあります。

臓器に関する代表的な病気、例えば、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにかかると、消化不良を起こしやすくなります。

そうなると、食べたものが胃の中に残り続けてしまい、その残骸が腸内で強く発酵することで異臭を放ちます。

発生したにおいは、血管を通じて肺へと送られ、口から体外へと排出されます。

つまり、臭いにおいがそのまま口臭となり周りに拡散されてしまうわけです

このにおいは「卵の腐ったようなにおい」という強烈な臭気を発してしまいます

また、内臓の機能が低下すると口臭だけでなく、腸の機能低下へと連鎖したり、腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスまで崩れ、より強いにおいを悪化させます。

 

胃腸・肝臓の病気は口臭と大きな関係がある

242

内臓の中でも胃腸の症状は特に口臭との関わりが強いです

胃腸がバランスを崩す原因はストレスが代表的です。その他にも、睡眠不足や暴飲暴食、偏食、肉などの動物性食物の食べ過ぎが挙げられます。

また、地味ですが便秘も程度がひどいと口臭と関係してきます。

続いて、肝臓も口臭と関係してきます

肝臓の動きが正常な状態であれば、においの物質は分解され病的な口臭は発生しません

ところが、慢性肝炎などで肝臓の働きが低下してしまうと、分解しきれなかったにおいの元となる物質が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となってあらわれてきます。

肝臓に問題がある場合の口臭は「ネズミ臭」というとんでもない名前で呼ばれています。

ネズミ臭は口内が苦くなるような感じになります。さらにひどくなると「カビ臭」「腐乱臭」「ニンニク臭いにおい」というような、名前を見ただけで引いてしまうような、よりきついものになります。

 

内臓(肝臓・胃腸)の不健康による口臭は体内から改善する

口臭スプレーやガムなどは一時的には効果がありますが、内臓の不健康が原因の場合は、体の中から治していかなければ根本的な改善にはなりません。

一時的な対応で良い場合は、ローズサプリなどのサプリメントで十分に対応が可能です。

ただ、ローズサプリは吐息を一時的に良いにおいにするだけですので、体内から臭いの原因を改善をしたい場合は以下の楽臭生活などが有効です。

592_1

楽臭生活はガムなどのように一時的に臭いを止めるのではなく、体の中から臭いを改善するサプリメントです

詳しい内容は以下の記事で詳しく書いていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

新・楽臭生活 160万個以上売れた大人気体臭・口臭サプリを使ってみました!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る