加齢臭にはボディソープよりも固形石鹸が4.1%も効果的

250

加齢臭の代表的な対策方法として体を石鹸で洗う、というものがあります。石鹸と言うと、固形のものと液状のボディソープがありますが、加齢臭にはどちらが効果的なのでしょうか?

今回は、その比較を行ってみたいと思います。

 

固形石鹸とボディソープを比較した結果

250

同じような成分を含んだ固形石鹸、ボディソープを比較してみたところ、わずかながら固形石鹸の方が、効果が高くなっています。

ある石鹸を使って加齢臭の原因物質である「ノネナール」がどのくらい減少できるのかを比較してみたところ、

  • 固形石鹸:97.3%
  • ボディソープ:93.2%

となり、97.3 – 93.2 = 4.1% 固形石鹸の方が効果があることが分かりました。4.1%は決して大きい数値ではありませんが、小さいとも言えません。なお、30代の加齢臭の主因はペラルゴン酸という別の物質ですが、恐らく同様の結果になると思われます。

積み重なると馬鹿にならない効果になりますので、同じような製品なら固形石鹸を使うようにした方がより加齢臭を消すことができます。

なお、固形石鹸の方が有利な理由は「単位面積あたりの成分を濃くすることができるため」です。液体になると水分なども含まれてきますので、その分濃度が薄くなるわけですね。ボディソープは水分を十分に含ませておかないと、空気で乾いて固まってしまうので、薄めておかないと商品として使い物にならないわけです。

ただ、この水分の割合は大よそ7割程度だそうです。7割もの割合で薄められているにも関わらず、4.1%しか変わらない効果を導いているという事は、相当工夫して商品化されていることが分かります。

 

洗いあがりが良いのは固形石鹸

加齢臭を除去する効果で優位だった固形石鹸ですが、もう一つ「洗いあがり」の面で爽快感が強く味わえます。固形石鹸は含まれている成分が肌に残りやすい傾向があります。これが色々な作用で爽快感を生み出し、洗いあがりを良くしてくれます。

また、固形石鹸の中に加齢臭を抑える柿渋(ポリフェノールの一種です)を含むものがありますが、これも同様に肌に残りやすいです。

通常の固形石鹸と同じように洗いあがりが良いですし、柿渋効果で加齢臭をより強力に抑えてくれます

kaki_07

 

まとめ

最近はあまり固形石鹸を使う人も少なく、銭湯くらいにしか置いていないイメージもありますが(温泉でもボディソープの方が多いですね)、

  • 加齢臭を防止する
  • 洗いあがりを良くする

という効果がありますので、加齢臭を気にされている人は優先的に使った方が良いでしょう。

先に述べている固形石鹸の中でも柿渋をふんだんに使った柿渋石鹸は私自身も実際に利用しかなりの効果を感じました

以下の記事で使い勝手をレビューしていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。実際に、30代(私)と50代(私の父親)が利用し、効果を計測した結果を記載しています。

関連記事:薬用柿渋エチケットソープ・プレミアムのレポート 加齢臭の原因物質を96%も除去!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る