ガムやタブレットによる口臭予防

コンビニやドラッグストアで売られているガムですが、口臭予防の点ではかなり効果的です。ガム以外にもタブレット状のものがあります。

 

ガムは唾液の分泌を促進する

299

口臭が生じる原因は色々とありますが、大きな原因のひとつは唾液の分泌不足です。

唾液にはリゾチームと言う酵素が含まれており最近を破壊する作用があります。多少の最近は死なずに残ってしまいますが、これらも唾液が十分に分泌されていれば体内に飲み込まれてしまい、胃酸により消滅します。よって、唾液の分泌が低下すると口内の自浄作用が十分に働かなくなり、口臭が発生するのです。

ガムを噛むことで唾液が分泌されるようになり、口臭の予防に繋がります。

特に最近はガムの成分自体にも気が使われており、よりいっそうの効果が見込めます。

 

例えば、キシリトールが配合されたものは口臭だけでなく、虫歯の予防にも繋がります。

有名な商品としてロッテのキシリトールガムがありますね。

299_2

さらに、症状が進行が進んでいない状態だと、治療効果も見込まれます。

虫歯は悪臭の元となりますし、これを防止できるということは大きなメリットです。

また、タブレット状のものは、キシリトールだけでなく、ビタミンCや乳酸菌など栄養素を多く含むものも多いです。

 

ガムやタブレットを選ぶときは糖分に注意

299_3

ここまで書くとガムは万能のように見えますが、普通のガムは甘みを出すためにかなりの砂糖と甘味料が使われています。

ガムは平均して成分の80%程度が糖分でできているため、砂糖をそのまま食べているのと同じ感覚になります。

これらは虫歯や肥満に繋がりますので、できるだけ砂糖が入っていないものを選ぶようにしましょう。

可能であれば、ノンシュガーなどと表記のある無糖の製品を選ぶことが望ましいです

 

ガムは一時的かつ簡易的な方法であることに留意

このように、ガムは口臭に効果が見られますが、これで全てが解決するわけではありません。効果はあくまで、ガムを噛んだ後の一時的なものに留まります。

現実的な口臭対策というものは、口臭の発生要因ごとに考えられる対策を数多く、長期的・持続的に行う必要があります。ガムを噛むことである種の対策となりますが、根本的に口臭を取り除きたいなら、自分に生じている口臭の原因をよく理解し、それに対して対策を考えていくことになります。

逆に言いますと、ガムにより普段の口臭は軽減できますので、それで症状を抑えつつ、本質的な対策をうっていくようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る