加齢臭と体臭の違い 原因もにおいも異なる

31

加齢臭と体臭の違いは何でしょうか。

「体臭の一部を加齢臭と言うのでは?」という意見も多そうですが、実は全くの別物で、発生メカニズムが異なります。

 

体臭とは何か?

体臭とは皮膚の「汗腺」の分泌物から発生している臭気を指します。皮膚の表面には目に見えない雑菌が住んでいますが、汗をかいたまま放置しているとその雑菌がどんどん繁殖します。その結果、皮膚の表面の皮脂や表皮が分解・腐敗され、ニオイを発します。

また汗の臭いとは少し異なりますが、「わきが」という体臭もあります。わきがは汗腺のうち、「アポクリン腺」という場所から発生するニオイで、すっぱいような独特の臭気を放ちます。

 

加齢臭とは何か?

31

加齢臭は「皮脂腺」という場所から直接にじみ出てくるにおいであり、細菌の繁殖は関係ありません。ですので、体を綺麗に洗ってその後汗などを全くかかずにいても、時間の経過と共に体内からにおいが発生してにおってきます。
加齢臭を体内から絞り出す皮脂腺は、主に体の上半身に分布し、毛穴の根元の部分に存在しています。体の中から分泌された脂肪酸が皮脂腺で酸化され、これが発生の直接の原因となります。

具体的にどの部位から発生しやすいかを以下に纏めてみました。

皮脂の分泌量が多い体の部位

  • 頭皮
  • ひたいから鼻にかけての場所(Tゾーン)
  • 耳の後ろから首全体にかけての部分
  • 両腕・胸の中心部
  • 両脇
  • 背中の中心部
  • へそとその周辺
  • 陰部

 

体臭と加齢臭ではにおいも異なる

また、発生のメカニズムだけではなく、どんなにおいであるかも異なります。
通常の体臭は、いわゆる「汗臭い」嫌なにおいが漂ってきます。
これに対して加齢臭は、

  • 30代:脂っぽいにおい
  • 40代:かび臭いにおい

となっています。30代のにおいは体臭とあまり差異がないため、この時期の加齢臭は見逃されやすい傾向にあります。

一方、40代のにおいは「ロウソクのニオイ」や「古本のニオイ」に例えられることが多く独特であるため、本人も気づきやすいです。また、このにおいを小さいお子さんなどに聞くと「おじいいちゃんやおばあちゃんのにおい」と言われることもあります。「嫌な臭い」というよりは、どちらかと言うと少し変わったにおい、というイメージですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る