口臭にはお茶(緑茶)や梅干が効果的 カテキン・フラボノイドが豊富

口臭対策は口の運動や歯磨き以外にも、食べ物や飲み物による改善方法があります。特に効果があるものは梅干と緑茶やウーロン茶などのお茶であり、消臭作用のあるカテキン・フラボノイドがたくさん含まれています。

 

口臭を防ぐ効果がある栄養素はカテキンやフラボノイドです。

311_2

カテキンには、体内でにおいの物質が作られるプロセスを止める効果があると共に、抗菌作用が強く、口の中で生じた細菌を取り除いてくれます、

フラボノイドは消臭作用があり、こちらも口臭対策に大きな効果を発揮します。なおフラボノイドとはポリフェノールの一種であり、細かいバリエーションを考慮すると7,000以上の構造が知られています。ポリフェノールは加齢臭を低減するものとして有名でしたね。臭い対策全般に役立つものと言えます。

 

緑茶を優先的に飲むと良いです

311_1

これらの栄養成分はお茶によく含まれています。多く含む順に述べると、緑茶・ウーロン茶・紅茶の順番になります。特に、緑茶がおすすめで、口臭対策のためならまずは緑茶を飲むように心がければよいでしょう。

ただし、口臭の原因が虫歯や歯周病の場合に限っては、ウーロン茶を優先的に飲みましょう。なぜなら、ウーロン茶には虫歯や歯周病の細菌を抑制する成分が多く含まれており、歯の病気に係る嫌な臭いを抑えてくれます。また、ウーロン茶には油分を分解する作用があるため、中華料理などを食べた後に飲むと健康面でも効果的です。昔、サントリーのCMで「黒ウーロン茶」がよく宣伝されていましたが、こういった効果があるんですね。

なお、お茶を「飲む」以外にも、使い終わった出がらしの茶葉を噛むことも効果的です。味がきつく、あまりやりたくないかも知れませんが、消臭という観点ではかなりの効果があります。

 

梅干は最高の口臭対策

311_3

梅干にはかなり強力な殺菌作用があり、古来から万病に効果がある、と言われてきました。コレラ菌にも対抗できる能力があり、身近な病気でも、風邪、頭痛、食あたり、肩こり、打撲などなど様々なものに効果があります。

口臭予防の観点でも大変効果があり、梅干に含まれるクエン酸が口内の雑菌の繁殖を抑制すると共に、酸味により唾液の分泌が促進されるため、二重の効果があります。朝食が洋食派の人でも、梅干だけは食べるようにすると、1日中唾液がよく分泌されるようになるため、口臭がかなり軽減されます。さらには、夏バテの防止効果もあるため、まさに梅干は万能選手と言えます。

お茶と梅干。この日本文化が誇る2つのものを積極的にとりいれてみてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る