口臭で病気の種類を判別する方法

318

口臭はただ「臭い」というだけでなく、そのにおいの内容によって病気にかかっているかどうかが判別できます。あくまで参考程度というレベルですが、以下に纏めてみました。

糖尿病と口臭

「糖」という名前がついている通り、においが甘ったるかったり、逆に酸っぱい場合は糖尿病の可能性があります。また、無理なダイエットをして体調を崩しているときも、同様のにおいがします。自分の状態を考慮して、どちらの状態にあるか判別してみましょう。

腐った卵のようなニオイ

いわゆる腐卵臭の場合は胃腸が痛んでいる可能性が高いです。具体的には、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに冒されている疑いがあります。また、消化不良のため食べたものが体内で異常に発酵しニオイの原因となる物質が血流に乗って肺に送られてしまい、呼気や口臭になって排出されてしまい同様のにおいが出ることもあります。

カビのにおい

肝機能の低下や慢性肝炎などがあると、カビくさいニオイがすると言われています。これらの病気があると、本来肝臓で分解されるはずのニオイの物質がきちんと分解しきれず、口臭に嫌なにおいとして現れるようになります。ネズミのようなにおい、とも言われていますが、ネズミのにおいを知っている人は少ないと思いますので、あまり実感が沸かないでしょう。

腐った肉のにおい

口内炎、歯肉炎、歯槽膿漏などの口内で生じる病気によって、腐った肉のようなにおいが発生します。また、蓄膿症や鼻炎、扁桃腺炎などの鼻やのどの病気、肺炎や気管支炎などの呼吸器系の病気の場合にも同様のにおいが発生します。

アンモニア臭

腎機能の低下や尿毒症の場合にはアンモニアのような刺激臭がします。

いずれの場合もそれなりに重い病気が原因となっていることが多いです。そのため、口臭に明らかな異常を感じたら、そのまま放っておくのではなく、できるだけ早く病院に行くことをお勧めします。早期に病気を発見することで口臭だけでなく、気づかないうちにかかっていた重い病気を早期に発見できるかも知れません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る