加齢臭と喫煙(タバコ)の関係

33

タバコはそれ自体にもにおいがありますが、実は加齢臭を発生させる原因にもなります。

意外と知られていない加齢臭とタバコの関係をご紹介します。

 

タバコには脂肪を酸化させノネナールを生成する働きがあります

33

タバコには「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」などの有害な物質が含まれています。その中でも、一酸化炭素は体に害を与えるだけではなく、加齢臭の発生を促進する効果があります。

喫煙をすると体内に一酸化炭素が取り込まれますが、これが中性脂肪などの脂肪を酸化させてしまいます。脂肪が酸化されると、加齢臭の原因となるノネナールが生成されてしまい、この結果、加齢臭がひどくなります。

 

喫煙によりビタミンが損なわれることも原因

喫煙にはもう1つ大きな弊害があります。

それは、体の酸化を防ぐ「ビタミン」を破壊し、体を酸化されやすい状態にしてしまうことです。
この状態が続くと、いくら食生活を改善して抗酸化作用のある食べ物を意識して摂取しても、加齢臭が出続けてしまいます。

 

タバコによるその他の弊害

ニコチンは体を興奮状態にするため、変な汗が出たり汗臭くなる可能性もあります。また、肺の病気をはじめ動脈硬化や心筋梗塞など様々な病気を引き起こします。

タバコの悪影響は色々と連鎖していきます。例えば、煙草により肺が影響を受けると以下のようにどんどん悪い症状が加速化します。

  • ニコチンが肺にたまると肺が悪くなります。
  • 肺が悪くなると大腸の流れも悪くなり便秘を引き起こします。
  • 便秘を引き起こすと肌荒れを起こし、体が乾燥します。
  • 体が乾燥すると体内から脂を出そうとする機能が働きます。
  • この脂が毛穴から体外へ出て酸化すると「加齢臭」になり臭います。

また、タバコは体から発せされるにおいとは別に、口臭の原因にもなります。また、たばこに含まれるニコチンやタールは歯にこびりつきますが、これらはなかなか取り除くことができないので、より強い口臭の原因になってしまいます。

 

タバコを止めるかどうかは欲求との兼ね合いで決めましょう

このようににおいや健康の観点では百害あって一利なしの喫煙行為ですが、ストレスの解消などには大きく寄与しますし、実際にそれが目的で吸っておられる方もいらっしゃるでしょう。

止めることで大きなストレスとなり、心身に支障をきたすようではあまり意味がありません。自分の中でバランスを取って継続を吟味されると良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る