頭皮・毛髪のにおいと体臭

体臭の1つとして頭のにおいがあります。具体的には、頭皮や毛髪のにおいがありますが、これらの原因について見ていきましょう。

 

頭のにおいの原因とは?

頭のにおいの原因は2つあります。

一つは、頭の皮脂に最近が繁殖することによってにおう場合の、もうひとつは、髪の毛が周囲のにおいを吸着・濃縮してにおいを発生させる場合です。

頭皮のにおいいに関係が深いものに、フケがあります。

フケは逃避の角質細胞で、体のアカ同様、古くなると、はがれ落ちてきます。フケが出ること自体は生理的な減少で何の問題もありませんが、異常にフケが多いと、服について不潔に見えるなど、悩みの種になります。とりわけ、フケが多い人は頭皮のにおいが強くなる可能性があります。なぜなら、フケは細胞の栄養分になるからです。

異常にフケが多く、かゆみも伴うような場合をフケ症と呼んでいます。フケ症の原因は、主にストレスが多い場合や睡眠不足、刺激物や甘いものの過剰摂取などですが、最近になってフケ症には真菌というカビの1種が関係してることが分かってきました。

真菌は皮膚常駐菌ですから、どんな人の頭皮にも存在します。ただ、脂分が大好物名ため、皮膚分泌の活発な若い人や、男性に多く見られます。また、ストレスなどで皮脂の分泌が増加すると、菌が繁殖しやすくなります。真菌によるフケ症が進行すると、脂漏性皮膚炎となり、ひどくなると毛穴に皮脂が詰まって抜け毛が増えて、脱毛の原因にもなりかねません。

 

脂漏性皮膚炎とは?

400

脂漏性皮膚炎は、頭皮など皮脂の多いところに発生しやすい炎症です。皮膚の常駐菌が繁殖して炎症を起こしたものですが、とくに中年の男性に増えており、それが頭皮のにおいの原因ともなっています。皮脂は男性ホルモンで分泌されるという特徴がありますが、中高年のストレス過重も無縁ではないでしょう。

皮膚科に相談すれば、この皮膚炎に効果的な抗真菌剤(内服薬や塗り薬、シャンプーなど)を処方してくれますが、睡眠を十分にとり、ビタミンB類をしっかり摂取するなど、生活全体を整えることです。

頭皮と違い、髪の毛が臭いのは、外からにおい物質が付着したことが原因です。髪の毛ににおいがつくのは、先発やその後の乾かし方に問題があると考えて良いでしょう。頭の皮脂は、皮膚を守って毛髪にうるおいを与えるのが本来の目的ですから、におうからといって乱暴にゴシゴシと擦ってはいけません。洗いすぎると頭皮や毛髪の表面(キューティクル)が傷つき、そこに細菌が入り込んで、かえってにおいが強くなってしまいます。洗いすぎやこすりすぎに気をつけましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る