汗は実は臭くない!? 良い汗と悪い汗があります

425

汗は「臭い」というイメージがありますが、実は臭い場合と臭くない場合があります。ここでは、前者を良い汗、後者を悪い汗と呼び、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

良い汗とは?

425

本来の汗は「臭くありません」

体温が上昇すると、血液からミネラル成分と水分が汗腺に取り込まれます。この時、体にとって必要なミネラル分は血液に再吸収され、水分とわずかな塩分だけが汗として皮膚面に排出されるのです。これが本来の汗であり、臭みはありません。

血液への再吸収機能がうまく働いている良い汗ほど、より水に近いサラサラとした汗になります。さらに、水に近いので蒸発し易く、気化熱による体温調整もスムーズに行われることになります。

また、良い汗は少量の塩分を含んでいるため、それが皮膚表面を賛成に保ち、皮膚常在菌の繁殖を抑制してくれます。

 

悪い汗とは?

汗腺の機能が悪化すると悪い汗、即ち「臭い汗」が出るようになります。

汗腺の機能が鈍ってくると、ミネラル成分が再吸収されなくなり、水分と一緒に体外に排出される汗はベタベタとして蒸発しにくくなります。この状態になると、体温調節機能も正常に働かなくなります。

悪い汗をかく原因として以下のようなものがあります。

  • 肉中心の食生活
  • 生活環境・人間関係におけるストレス
  • 運動不足により普段汗をかく習慣がない

 

とりわけ、自宅やオフィスで冷暖房が完備された環境にいると、本来の働きを忘れた汗腺に老廃物や角質が溜まり、汗をかいた時に、これらの不純物も一緒に排出されてしまいます。

不安や緊張などによる精神的発汗も、突発的かつ大量に汗をかくため、ミネラル分の再吸収が追いつかず、悪い汗となります。悪い汗はベタベタして蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるため、皮膚表面をアルカリ化してしまいます。アルカリ性の環境下では皮膚常在菌が繁殖しやすく、汗のにおいが悪くなってしまいます。

 

良い汗・悪い汗の見抜き方

良い汗か悪い汗かは、赤色のリトマス紙を使うと分かります

汗にリトマス紙をつけた際に、賛成であれば試験紙の色は変化しませんんが、アルカリ性であれば青色になります。大まかな目安としては、青ければ悪い汗、色が変わらなければ良い汗と考えて良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る