足のにおい 汗・角質による身体的原因と靴・ストレスなど外部的な原因

429_1

「足がくさい」人がいますが、足は一体どうして臭くなるのでしょうか? 実は、あしの裏には汗腺が集中しており、体の中でも汗をかきやすい部位です。どのように足が臭くなるか、靴を履いているとどうして足が臭くなるのか、その理由を探っていきましょう。

 

足の裏には大量の汗腺があります

足の裏には汗腺が集中しており、多くの汗が出ます。

具体的には…

  • 足の甲の3倍
  • 背中や胸の5~10倍

程度の汗腺があるため、1日にコップ約1杯分の汗をかくとも言われています。足にかいた汗は、放置しておくと皮膚常在菌によって分解され、脂肪酸となりにおいを発します。さらに、足の裏は体のどの部位よりも角質層が厚くなっています。この表皮細胞が新陳代謝や摩擦などではがれ落ち、大量のアカとなります。このアカを栄養分にして常在菌はますます増殖し、皮膚腺からの分泌物が混じると、よりいっそうにおいがきつくなります。

 

靴を履いていると足が臭くなる理由

429_2

足は日頃から靴や靴下で長時間覆われています。

このような密閉状態にあると、足の温度はどんどん上昇し、かいた汗も蒸発せずにこもってしまいます、これは、常在菌が活動するのに最適な環境であり、蒸れると皮膚の角質層はよりはがれやすくなり、最近の栄養素をどんどん供給することになるのです。このように、足はにおいの悪循環を生み出しやすい部分なのです。

このような状態が続くと、水虫などの皮膚病になる可能性があります。水虫はにおいだけでなく、爪などに入り込みボロボロにしてしまうため、病院での治療が大切です。症状が過度に進行していない場合は、皮膚科の薬を塗布すればあっさりと治ります。水虫は「恥ずかしい」という理由で病院に行かない人が多いですが、足を石鹸で洗った程度では治りませんので、病院に行ったほうが確実です。

ただ、中には水虫などの病気がなく、常に足を綺麗にしているにも関わらず、強烈なにおいを発してしまう場合があります。

 

ストレスから足が臭くなる場合

429_1

皮膚病や不衛生でもないにも関わらずにおいを発する人は、ストレスからくる精神的発汗によって足のにおいを強くしていると考えられます。例えば、自宅でのんびりとしている場合はそれほどにおいがありませんが、職場にいるとにおいがきつくなってしまう場合があります。このような場合は、職場環境のストレスによりにおいがきつくなっていると考えられます。

また、このような人は「自分の足のにおいが周囲に迷惑をかけているんではないか」と気にしてしまい、余計に発汗を促してしまうことがあります。気にしすぎると悪循環になるため、ある程度割り切って考えるようにしましょう。

なお、足の発汗を完全に治療する外科的な方法は現在のところ存在していません。そのため、できるだけ真理的に負担をかけないよう、精神的な負担を軽減する方向で改善を試みましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る