体臭 肉はにおいを最もきつくする食べ物

体臭の強さは食べ物(食習慣)にも左右されます。肉食が多い欧米人は体臭がきつい、ということは聞いたことがあると思いますが、実際に何を食べているかで体から生じるにおいに変化が生じます。

ここでは、体臭を悪化させる代表的な例である肉について見ていきたいと思います。

 

肉類は腸内で脂肪が酸化し悪臭の原因になる

437

体臭をきつくする最も代表的な例は「肉」です。

肉には動物性たんぱく質、コレスレロールなどの脂質がたっぷりと含まれていますが、これらの成分を取りすぎると汗腺が刺激されてしまい、汗とにおいを強くしてしまいます。

肉に含まれるたんぱく質が腸の中で分解する際に、インドールやスカトール、フェノールなどの発癌性の強い物質や、においの原因となる硫化水素、アンモニア、大腸がんの原因となるアミンなどの腐敗毒素が発生することが分かっています。

そして、腸内に生成したこれらの腐敗毒素が血液中に吸収されると、腸内から血液に入り込んだアンモニアなどは、呼吸器や汗腺から出て口臭や体臭の原因となってしまうのです。

事実、肉食中心であるアメリカやヨーロッパの方は体臭がきつい傾向があり、米や野菜など和食が中心の日本人では体臭が控えめな傾向があります。

 

なお、女性をよく悩ませる、「肌荒れ」や「吹き出物」も、同様の流れで生成されています。

これらの症状がひどい時は食べ物に原因があると思って良いでしょう。

食べ物が肉に偏っていないか、チェックしてみましょう。

 

どのような肉料理が危険か?

437_2

肉類に多い脂肪は、腸内で酸化して過酸化脂質となり、これが皮脂腺から漏れ出すことで悪臭になっています。

ステーキや焼肉、牛丼といった肉料理をよく食べる人ほど、体臭がひどくなりやすくなります。

特に、油分の多い霜降りの牛肉や豚肉のロース、鳥の桃肉など、脂身の多い肉類の食べすぎには十分に注意が必要です。

油で揚げたり炒めたりした肉類の場合は、さらに脂質の摂取量を増やすことになります。とんかつや鶏のから揚げ、ホットドック、ハムやベーコン、ソーセージ、ハンバーグなど、油と肉ばかりが凝縮された食べ物には注意が必要です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る