体臭 魚も要注意!脂ののったものや揚げ物はにおいの原因に

442_1

魚は一般的に体によいと言われ、特に中性脂肪やコレステロールを下げるDHAやEPAを含んでいることから食べることが推奨されています。

肉は体臭を強くするため、その代わりとして魚を摂ることで体臭の強さを軽減することができます。

ただし、魚の中でも脂ののったものや動物性の油で揚げたものは体臭のもとになりますので、注意が必要です。

 

魚は中性脂肪やコレステロールを下げる

442_1

メタボリック解消として魚はよく勧められる食べ物です。

魚の中にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という栄養素が含まれており、これらは体内の悪玉コレステロールを除去してくれます。それと同時に、体内の善玉コレステロール(HDL)を増やしてもくれます。

これにより、体内の中性脂肪やコレステロールの値が下がるのですが、実は腸内で腐敗しやすいという点では肉と同じ作用をします。

 

体臭の原因となる魚

体臭の強くなる魚は色々なパターンがあります。

まず、魚は高級なものほど脂が乗っているものが多いため、肉類の脂肪と同様ににおいを強くする原因となります。

具体的には、まぐろの大トロ、脂がのったかつお、さんま、いわしなど、おいしいものほど脂分が多いので注意が必要です。

次に、白身魚のフライや練り製品の天ぷら、コレステロールの多い甲殻類のフライもの、例えばエビフライ、かにコロッケなど、魚や甲殻類に油がミックスされたものも、体臭につながります。

 

魚の調理方法にも注意が必要

442_3

魚は刺身やお寿司などほとんど加工していない状態はそれほどでもありませんが、油などで揚げると体臭の原因になります。

特に、ファーストフードやコンビニのお弁当などは油で揚げたものが多いため、このようなものを日々食べ続けていると、ますます体臭の出やすい腸内環境が作られてしまいます。

市販の揚げた魚料理は動物性の油(体に悪いものが含まれています)を使っていることが多いため、できるだけ買わないようにしましょう。

反対に、回転寿司などは油で揚げたものが少ないため、それなりの量を食べてもにおいの面では問題はほとんどなく、EPAやDHAがたくさん取れるため健康にはかなり良いです。

家族で外食する際は、子どもさんも喜びますし、優先的に選ぶと良いかも思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る