体臭 乳製品はにおいの元!?摂り過ぎると腸内腐敗をまねく

450_2

乳製品は腸の調子を整え体内を綺麗にしてくれる機能があります …が、それには限度があり、過剰な乳製品の摂取は腸内の腐敗を招き、体臭の原因となってしまいます。

そのメカニズムについて確認していきましょう。

 

乳製品が体臭の原因となる理由

450_1

乳製品というとヨーグルトや牛乳がまずは思い浮かぶと思います。

これらは腸の働きを助け、便秘を解消したりと整腸作用があるため、便秘の解消や健康によいとされており、私自身もお勧めします。

ただ、乳製品の中には過剰に摂取すると体臭の原因となるものがあります

具体的には、チーズやバター、さらにそれを利用して作られたパスタ、ピザ、アイスクリーム、ケーキなどは、体内の脂質を増やし、汗腺に負担をかけてしまいます。

乳製品は体によいイメージがありますが、実際のところ、乳製品をたくさん摂っている人の腸は相当汚くなるようです

腸が汚いということは、腸内で食べ物が腐敗を起こしやすい状態であり、発酵した悪臭が体臭として発生してしまいます。

 

体によいとされる乳製品ですが、欠点としてたくさんの脂肪が含まれていることが挙げられます。

乳製品に含まれている脂肪は腸内の絨毛(じゅうもう)という組織の突起の間に詰まり、腸内腐敗の原因となってしまいます。

さらに、脂質は体内の熱で酸化し、それが毒素化してにおいを発します。よって、「健康だと健康だ」、と言って乳製品ばかりを摂っていると体内の腐敗臭がきつくなっていくのです。

 

乳製品はアレルギー疾患の原因にもなります

450_2

乳製品は体臭だけでなく、アレルギー疾患の原因にもなります

本来は、進入したウイルスなどの外的から体を守るはずの腸管免疫細胞が、乳脂肪が目詰まりを起こすと異常をきたします。

みずからの体を攻撃する自己免疫疾患と呼ばれるアレルギーやこう原病、リウマチなどの症状を引き起こしてしまうのです。

そうして腸管に目詰まりした乳脂肪が徐々に血液中に取り込まれる結果、脂肪が多い血液状態が作り出されてしまいます。

血液内の脂肪分は血管壁にへばりついて動脈硬化をまねくだけでなく、皮膚表面の皮脂腺にも目詰まりして、体臭の原因にもなっていきます。

 

乳製品は適度に摂りましょう!

足りなくても摂りすぎても問題のある乳製品

健康のためには適量の摂取を心がけるようにしましょう。

目詰まりを起こしやすいものは、ピザなどの高カロリーの食品ですので、そういったものの頻度を下げれば、腸内腐敗の原因は解消されるでしょう。

なお、体臭にはポリフェノールや食物繊維が有効ですので、そういった食材もうまく取れ入れれば効果があります。

食べ物意外では、例えば、ポリフェノールが多く含まれた柿渋石鹸を使ってみるなどすると、においはかなり気にならなくなります。

関連記事:薬用柿渋エチケットソープ・プレミアムのレポート 加齢臭の原因物質を96%も除去!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る