体臭 肉類・カップ麺・スナック菓子・砂糖・抗生物質はにおいの原因

456_1

体臭のもとをつくる腸内腐敗でいちばん問題となるものは、肉類などに含まれるたんぱく質や脂肪の取りすぎです。

これらは消化・分解に時間がかかり、腸内環境が悪化する原因になりやすい傾向があり、その結果、体臭を悪化させてしまいます。

特に、欧米人に比べると腸の長い日本人は、食物の腸内における滞在時間が長いため、より臭う原因となります。

 

意外と危険なカップ麺・スナック菓子

あまり知られていませんが、カップ麺などのインスタントラーメンや油で揚げたお菓子は体臭の原因になります。

カップラーメンやスナック菓子、ポテトチップスは、使用されている油により酸化されているものが多いので、それが原因となり腸内環境を悪玉菌で満たしてしまいます。悪玉菌が多くなると、体臭を悪化させてしまいます。

456_1

 

白砂糖にも要注意!

また、精製した白砂糖も体内のミネラル分を崩し、悪玉菌に悪影響を与えるので、できるだけ控えたほうが良いです。

具体的には、白砂糖の主成分であるショ糖が悪玉菌を増殖させてしまいます

ショ糖は、果糖とブドウ糖がくっついてできたもので、果糖やブドウ糖はそれぞれ、単独では体の健康に貢献してくれる栄養素なのですが、 この二つが化学的に結合すると悪玉菌になってしまい、体臭をきつくしてしまうのです

456_2

 

抗生物質は腸内細菌全体にダメージを与えます

病院などで処方される抗生物質ですが、これも体臭という観点では好ましくありません。

体内に侵入した病原菌などを殺す目的で飲むのが抗生物質ですが、抗生物質を飲むと、病原菌ばかりでなく腸内細菌全体も大きなダメージを受けて、腸内フローラ(つねに腸にある細菌群)の活性力が劣化してしまう恐れがあります。

 

また、抗生物質は薬だけではなく、意外な流れで体内に摂り込まれるので注意が必要です。

抗生物質は鶏や豚、牛などの家畜の飼料にも抗生物質が使われていますが、それらの食肉を通して私たちは抗生物質を体内に取り込む危険性があります。

もし、動物性食品を食べるのであれば、できるだけ抗生物質を使わずに育てられた卵や食肉を選びたいことろです。

…とは言うものの、生産国や生産地を見てそこで抗生物質を使って家畜が育てられたかどうかを見分けるのはほぼ不可能です。普通のスーパーくらいでは、該当する食材がそもそもないかも知れません。

そこまで気を使って食材を選ぶことは現実的ではありませんし、数ある体臭の1原因に過ぎませんから、気にしなくて大丈夫でしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る