体臭を抑える食べ物 野菜・果物の皮が効果的

482_3

還元作用のある食べ物を摂ると体臭を抑えることができます。特に、自然の土壌で育った野菜や果物の皮などは強い還元力を持っており、大きな効果を発揮します。

 

還元効果のある食べ物を食べると体臭を抑える

482_2

体臭の原因の1つに、腸にたまったものが酸化され腐敗臭を放つことがあります。

この酸化作用を抑えるためには、酸化の反対の効果である「還元」作用のある食べ物を摂ると良いです。

関連記事:体臭を抑える食べ物 還元作用のある発酵食品が効果的

上記記事では、バナナ・味噌・醤油・キムチ・乳製品を具体的な食べ物の例として挙げてみましたが、ここではもう少し大雑把に分類してみます。

 

野菜・果物の皮が参加を防ぐ

482_1

野菜や果物の皮は高い還元作用を持っています

野菜や果物は、土壌に含まれるミネラル分を多く摂り入れています。そのミネラルによって土壌微生物が発生し、それをエサにしてミミズなどの虫が生まれ、命の連鎖がもたらされるという、与え合いのサイクルが生まれます、

そこから成長した野菜や果物には、多くの還元力を持つ成分が含まれています。還元とは、与え合いの連鎖からもたらされる、いのちを生かす結びの力と言っても過言ではありません。

このようにして多くの還元力を含んだ野菜や果物の皮は、酸化を防ぐことで体臭を抑えると共に、老化の防止、不快感の軽減といった多くの作用をもたらしてくれます。

 

特に、食物の皮には中身を酸化から守る働きがあります

代表的な例として、「米」があります。

482_3

米の皮(ぬかのことです)を取り去ってしまうと、米はすぐに酸化を始めます。白米が芽を出すことができない死んだ状態の米であるのに対して、玄米には芽を出す生命力が宿っています。いのちを守る働きが還元力であり、皮には酸化や腐敗を防止する大切な役割があるのです。

同様に、果物も皮をむくと酸化してすぐに腐ったりしますが、皮付きのまま置いておけば、長持ちするように、皮には酸化防止の働きがあることが分かります

野菜もできるだけ皮付きのまま食べることをお勧めします

例えば、にんじんは皮を剥かずに食べることで、皮に含まれるベータカロチンを多く摂り入れることができます。ベータカロチンを摂ると、体内の善玉菌を増やしてくれるため、体臭を軽減する効果があります。また、腸内のビフィズス菌も同時に増やしてくれ、腸の環境が良化されます。

にんじん以外にも、ごぼうや大根、れんこんなどの根っこ系の野菜の皮には同じように腸内環境を整えてくれる栄養分がたっぷりと含まれています。

ただし、化学肥料を大量に使って育てられた野菜の場合は、皮の部分にそれらが含まれてしまいますので、できるだけ肥料を使わずに育てられた野菜を選ばなければ、効果は低減してしまいます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る