オリゴ糖を含む善玉菌食物で体臭を軽減

善玉菌を増やすためには発酵食品が効果的

体臭が発生する原因のひとつは、食事の欧米化に伴った腸内細菌の状態の悪化です。

日本人の腸内細菌のバランスは、気が遠くなるほど長い年月をかけて培われてきたもので、基本的に穀物や野菜中心の食事に合うようになっています。

ところが、現代人の食べ物の多くが、悪玉菌が好む食べ物になったために、腸内環境が悪玉菌優勢となり、新陳代謝や免疫力が極端に低下してしまいました。

腸内の環境が悪玉菌が優勢になると、腸内でたんぱく質や脂肪を腐敗させて、硫化水素やアンモニア、メタンガス、インドール、スカトールなど、さまざまな毒素や有害物質、大量の活性酵素を発生させるのです。

悪玉菌が発生させた毒素の一部は腸に吸収されて体の細胞に運ばれ、大衆の原因を作ります。

また、腸内環境が悪玉菌優勢に傾くと、善玉菌の活動が弱まり、ビタミンやホルモンが合成されなくなるほか、免疫力が弱まるので外から進入した病原菌に感染しやすくなり、病気にもかかりやすくなるのです。

 

善玉菌を増やすためには、発酵食品が効果的です。

発酵食品とは、一度微生物によって分解過程を経て熟成されているので、食べ物の分子量が小さくなり、善玉菌の食べ物として効果があります。

反対に、分子量の大きなたんぱく質や脂質は悪玉菌の繁殖を助ける食べ物となりやすいのです。

日本人の体質に合った発酵食品はぬか漬けやかす漬け、たまり漬けなどの漬物や、納豆、みそ、しょうゆなどの大豆系発酵食品です。

また、以外ですがキムチも発酵食品であり、体臭改善に効果があります。

 

ビフィズス菌の効果

520_1

発酵食品には善玉菌の乳酸菌が多く含まれていますが、もうひとつの善玉菌の代表としてビフィズス菌があり、以下のような効果があります。

  • 体を病原菌の感染から守る
  • 腸内の腐敗を防ぎ、腸内環境を整えて体臭の発生を防ぐ
  • 乳酸や酢酸などの有機酸を作って便秘を防ぐ
  • 免疫機能を強化し、体の抵抗力を高める
  • 下痢を予防したり改善したりする
  • 有害物質や発癌物質を分解する

腸内のビフィズス菌を増やすためには、その栄養源となるオリゴ糖を摂るのが効果的です。

オリゴ糖を多く含む食べ物には以下のようなものがあります。

  • 玉ねぎ
  • 大豆
  • 大根
  • ごぼう
  • アスパラガス

オリゴ糖は1日に5~10g程度摂ることが良いとされています。目安は玉ねぎ1個程度ですので、それほど苦労なく食べれる分量だと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る