食物繊維は腸内の毒素を吸着して臭いを抑えます

533_1

食物繊維は食べ物に含まれる成分のうち、人間の消化酵素では消化されにくい糖質成分のことを指します。腸内の善玉菌が増えると腸の中を綺麗にし、体臭を抑えてくれます。この大切な善玉菌を育てるものが食物繊維です。

 

食物繊維にはどんなものがあるのか?

一言で食物繊維と言っても、色々な種類があります。

  • ペクチン…果物に多く含まれます。
  • グルコマンナン…こんにゃくに含まれます。
  • アルギン酸…海藻に含まれます。

533_1

一方で、ごぼうやセロリなどの野菜に含まれるリグニンやセルロースなどは、水に溶けない不溶性の食物繊維です。

オリゴ糖も水溶性の食物繊維の一種で、特にオリゴ糖が良いのは分子量(成分の大きさのことです)が小さく、善玉菌が利用しやすいためです。具体的には、小さいオリゴ糖を善玉菌が取り込んで消費し、活性化することで腸を綺麗にしてくれます。

オリゴ糖以外の食物繊維を多く含む食べ物は、玄米や未精製の麦などの穀物類、海藻類、豆類、イモ類、キノコ類、野菜類などです。

関連記事:オリゴ糖を含む善玉菌食物で体臭を軽減

 

また、キノコ類に含まれる多糖類は乳酸菌に似ていて、免疫機能を正常に保つ働きがあることが知られていますので、積極的に食べると良い効果が見込めます。

食物繊維には、腸内の毒素を吸着してにおいの発生や血糖値の上昇を抑える働きがあるので、糖尿病などで血糖値が気になる人にも大変お勧めです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る