心臓・小腸が悪いとこげくさいにおい(体臭)がします

558_1

焼いた動物性食品を摂りすぎると、こげくさいにおいが体から発せられるようになります

具体的には、こげた秋刀魚やヤニ臭がして来た場合は、心臓・小腸の調子が悪いときですので、注意が必要です。

 

焼きすぎた料理は心臓・小腸に悪い

558_1

焼け焦げた脂を多く含む動物性食品は、小腸に残っていると悪臭を発するようになります。

焼き魚、焼肉、目玉焼き、焼き鳥、ハンバーグ、燻製のソーセージなど、動物性食品を焦げ目がつくくらいに焼いた食べ物は、わきの下や生殖器、胸元の体毛など汗腺が多い部位のにおいを強くします

腋毛や胸毛など、体毛が濃くて多い人は、実は心臓の動きが働きすぎであり、においが出やすい傾向があります。

 

また、苦いコーヒーや生ビール、タバコなどの苦味成分を多く含む嗜好品を利用する人は、こげくさい体臭が出やすい傾向があります。

肉類や味が濃いもの、アルコール、タバコが好きという人は心臓の循環器系機能が弱りやすく、血行不良から生活習慣病になりやすいタイプです。

血液の循環が悪くなると、体臭がひどくなりますし、何と! 薄毛にもつながります。

 

血流の悪化は健康面でも悪影響があります

肉類やタバコなどの嗜好品が好きな人は血行不良になりやすいですが、血液の流れが悪くなると色々とトラブルが生じます。

まず第一に、見た目が悪くなります。

血液の流れが滞ると、顔色が悪い、手足が冷えて頭がのぼせるといった冷えのぼせの症状や、立ちくらみの症状が起こりやすくなります。

次に、健康面での問題があります。

具体的には、動悸、不整脈、狭心症、心筋梗塞、高血圧などがあります。小腸が弱っている場合は、焦燥感などの症状のほかに、口内炎や尿道の痛み、残尿感、尿が濃いなどの症状が出てきます。尿から焦げ臭いニオイが出てきた場合は要注意です。

 

夏は心臓が弱りやすくニオイがこげくさくなる

558_2

こげくさい臭いは、暑さがピークに達する夏に多発する傾向があります。

夏は体に熱がこもりやすく、心臓・小腸が弱りやすくなりためです。

特に、熱の発散が苦手な体質の方は要注意で、夏場に日射病や脱水症状を起こしやすくなります。

のぼせた感じがしたり、顔がほてって額から汗が出るような症状があれば、心臓系の弱りがあると考えれますので、注意しましょう。

 

心臓を強くする栄養素・食べ物は?

558_3

心臓を強くするには、以下のような栄養素(食べ物)が効果的です。

  • マグネシウム:種実類、魚介類、野菜、豆類
  • カルシウム:牛乳、小魚
  • カリウム:野菜、果物、豆類、いも類

なお、カリウムは汗をかくことで大量に失われてしまいますので、夏場など汗をかきやすい時には心臓が弱ってしまい、不整脈や心不全を引き起こす可能性が高くなるため要注意です。

 

次の記事では、こげくさいにおいの解消法を紹介しています。

併せてご覧頂けますと幸いです。

関連記事:心臓・小腸が悪いと生じるこげくさいにおい(体臭)の解消法

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る