胃・すい臓系が悪いと甘ったるい体臭が生じます

血糖値が高いと汗が甘ったるいニオイになります

甘ったるいにおいを発する人は主に糖尿病の人にみられる傾向ですが、糖尿病でなくても、胃やすい臓が悪い人は同じようなにおいがします。

すい臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足して、糖質の分解ができなくなると、血液中にブドウ糖が増えてしまい尿から漏れ出す、という糖尿病に近い症状が引き起こされます。

この血糖値が高い状況の時に、糖質を含んだ成分(ケトン体と言います)が汗と一緒に分泌されるので、それが原因で甘ったるいにおいが発生されてしまいます。

569_1

実際に糖尿病にかかっている人の体内では、インスリンが不足しており、糖の代謝が不完全な状態になっています。

糖の代謝がしっかり行われなくなると、体は糖のかわりとして脂肪をエネルギーとして利用するようになります。

脂肪がエネルギー源として使われるようになると、脂肪燃焼の際にケトン体が発生し、血液中を流れていきます。

このケトン体こそが、甘ったるいにおいの原因となります。

ケトン体が血液中に流れていくと、甘たるいにおいを感じる体臭へと変化していきます。

汗や尿がバニラのような甘ったるいにおいを出している、と感じた場合は、糖尿病かその予備軍だと考えたほうが良いでしょう。

 

激やせ・やつれはすい臓機能の低下から生じます

569_2

糖尿病、若しくはその予備軍の人は、脂肪をエネルギーに変えているため、特にダイエットをしているわけでもないのに、痩せ易い体質になっていきます(細身の人でも糖尿病になるのはこの理由が関係しています)。

激痩せ、やつれ、げっそり感が出てきたら、糖尿病の疑いがあり、糖質を脂肪に変えるすい臓機能の低下が起こっていることが考えられます。

実は、脂質代謝を管理しているのが胃とすい臓の毛色で、血液中のだぶついたブドウ糖を中性脂肪に変えて保管する働きをしてくれます。

細胞内に取り込めなくなったブドウ糖を脂肪に合成する働きをするのが、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。このホルモンの不足は、食べても太れない、やつれた感じなどの「痩せすぎ症状」を引き起こしてしまいます。

また、皮脂腺に栄養を送り、皮膚にうるおいを与えるのも胃とすい臓の働きなので、皮脂の不足からもたらされる肌のかさつきや、反対に皮膚の過剰分泌による脂質や体臭は、胃の不調からくるということになります。

さらに、胃などの臓器が悪い人は口臭がきつくなります

その際はゲップがよく出るので、胃が弱い人の特徴であり、そのにおいもきつくなってしまいます。

 

胃・すい臓系が悪い際に生じる甘ったるい体臭の解消方法は以下の記事で書いています。

よろしければ併せてご覧下さい。

関連記事:胃・すい臓系が悪いと甘ったるい体臭の解消法

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る