無理なダイエットにより生じる臭いにおい「ダイエット臭」

無理なダイエットは体に大きな負担をかけるだけでなく、嫌な体臭を生み出す原因にもなります。その理由を見ていきましょう。

 

初期段階のダイエット臭

食事制限のみのダイエットをしていると、体内のエネルギー源である炭水化物やタンパク質が不足し、体は飢餓状態になってしまいます。

そこで、身を守るために、体内に貯蓄していた中性脂肪を燃焼しようとするのですが、この際に、中性脂肪はにおいを放つ脂肪酸に変化します。

この脂肪酸が汗と一緒に排出されると汗臭さを強くしたような体臭、脂肪臭を発生します。これが初期段階でのダイエット臭です。

 

第二段階のダイエット臭

第二段階に入ると、脂肪臭と前後するようなかたちで「アンモニア臭」が発生してきます。

体内に酸素が十分にいきわたらない状態でエネルギーを不完全燃焼させると、疲労物質である乳酸が生成されます。

乳酸はアンモニアと一緒に汗に出る性質があるため、汗のアンモニア臭が強くなるのです。

 

最終段階のダイエット臭

最終段階では、甘酸っぱい「ケトン臭」が発生します。

空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸はさらにニオイの強いケトン体という物質を生成するようになります。

ケトン体というのは、飢餓や糖尿病などで糖が不足した状態にあるとき、エネルギーとして使われるもので、肝臓で合成される物質です。

血液検査で血中にケトン体が確認されると、飢餓状態にあると診断され、ブドウ糖や栄養剤、ビタミン剤などを補給する必要も生じてきます。

ケトン臭は別名「飢餓臭」とも言われ、体を動かさずに断食に近いダイエットを続けていると、そのニオイは徐々に強くなります。まずは口臭、次に汗がにおいを発し、やがて尿臭にまで現れます。

 

ダイエット臭がするということは、そのダイエット法が間違っている証拠です。

ダイエット法にも色々とあり、代謝が正常に保たれた方法でダイエットをしている人からはにおいがしません。

食事制限だけでなく、有酸素運動などでしっかり体を動かし、基礎代謝アップに励みましょう。

ダイエット臭を防ぐ食品である酢や生姜(代謝がよくなります)マッシュルーム(脂肪を分解します)、梅干し(体液をアルカリに近づける)などの摂取もおすすめです。

 

なお、無理なダイエットにより加齢臭が発生するメカニズムについては以下の記事で説明しています。

関連記事:無理なダイエットは加齢臭を悪化させる

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る