性器(あそこ)の臭いに効く石鹸 すそワキガ・性病・おりものにも効果的

758

外陰部(性器周辺)のにおいは食べ物や汗、体調など健康状態によって大きく左右されます。

また、健康体であっても、性病に感染していると途端ににおいがきつくなります。

この記事では、各症状の説明と対策法と即効性のあるグッズの 紹介をしています。

 

性器周辺のにおい

最近では性器周辺のにおいを気にする人が徐々に増えています。

ただ、基本的にはあまり外に臭わないものですし、人との比較もしづらいことから、余程強い場合を除いて気付かない人も多いです。

場所が場所なのである程度強めのにおいがしても当然では? という意見もありますし、実際にどれくらいのにおいがすると良くない、ということは一概には定義しにくいです。

ただ、性器は体を健康にし、きちんと手入れをし、病気を持っていない場合は基本的に無臭です。

加齢によりにおいがきつくなることもありますが、加齢臭などと比べると強さは軽いです。

 

具体的ににおいがきつくなる場合

性器周辺のにおいは食べ物に影響を受けます。体臭と同じで、ニンニクやニラなどにおいをきつくする食べ物を食べすぎるとその影響を受けます。

また、汗を大変かきやすい場所であるため、月経中でなくても下着やストッキングで締め付けていると、蒸れてにおいが強くなりがちです。

においは体のコンディションを反映しやすいため、「体調が優れない」場合などは体の器官が正しく動作せず、においがきつくなることがあります。

基本的には健康かつ、清潔にしていればにおいはあまり発せられません。

 

性病は最もにおいをきつくする

性器のにおいに大きく関わるものとして、病気(性病)があります。

性病の判断方法ですが、おりものがいつもと違うにおいを発しているかどうかである程度見分けがつきます。

おりものは、子宮や膣の分泌物で、正常なものは甘酸っぱいにおいがし、半透明か白色で、乾くと黄色っぽくなります。量は、排卵期でやや多く、妊娠すると一気に増加します。

ただし、何からの病気になると、においや色に変化が見られます。病気によっては、外陰部にかゆみや痛みを伴うこともあります。

「いつもと違う」と感じた場合はすぐに婦人科を受診することをお勧めします。

なお、性病によるにおいはかなりきつくなることもあり、試しに膣に指を入れるとそのにおいがどれだけ洗っても落ちない、という次元にまでなることがあります。

 

トリコモナス膣炎

黄色や黄緑色ののおりものが出て、うみのような悪臭を伴うこともあります。

外陰部のかゆみが特徴で、トリコモナス原虫によって感染します。

性交による感染が主な原因ですが、プールなどで感染することもあります。

 

淋病

おりものが黄色いうみのようになります。

量が多く悪臭を伴うこともあり、下腹通、排尿痛といった症状が起こることもあります。

淋病によって感染し、性交感染が主な原因です。男性も尿道炎になり、黄色いうみが出て排尿時に痛みを伴います、

男性側が先に発症し、それで女性への感染も分かるという場合が少なくありません。パートナーが発症したら、無症状でも病院に行ったほうが良いです。

 

クラミジア

おりものがやや増えて水っぽくなるくらいで、ほとんど自覚症状がありません、

病気が進行すると下腹痛や性交痛、月経時以外の出血などが生じます。

発見が遅れると不妊症の原因になることもあります。感染源は主に性交であり、最近は風俗店を中心に爆発的に増えています。

 

尖形コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによって起こる病気で、感染するとおりものが増え、やや悪臭がします。

外陰部にとがったイボのようなものができるのが特徴で、セックスをするといたい場合もあります。

子宮ガンの原因となるウイルスと同種でありため、パートナーと一緒にきちんと治療することが大切です。

 

カンジタ膣炎

白くてポロポロしたカッテージチーズのようなおりものが出て、外陰部が激しいかゆみを伴います。

カビの一種のカンジダ菌による炎症で、体の抵抗力が落ちているときや、抗生物質を続けて飲んでいる際にかかりやすくなります。

 

タンポンの出し忘れ・コンドームの残り

おりものが茶色っぽいうみのようになり、腐敗臭があります。

炎症が起きている場合もあり、念のため婦人科を受診しておきましょう。

 

子宮の病気

茶褐色やピンク色のおりものがある場合は、子宮内の病気の可能性があります。

子宮がん、ポリープなども心配ですから、早めに婦人科を訪れましょう。

 

すそワキガについて

陰部がにおい理由の1つにすそワキガがあります。

すそワキガはワキガと同じくアポクリン腺に原因があります。

昔の人は全身にたくさんのアポクリン腺があり体臭の原因になっていましたが、現在では大部分は退化してしまいました。

一部残っている場所として、耳の中、へそ周り、外陰部の周辺がありますが、日本人の場合はわき以外はほぼアポクリン腺が活動していませんが、性器周辺でにおいを感じることがあり、これをすそワキガと読んでいます。

アポクリン腺は性的な興奮によって活発になり、より強いニオイを出すようになります。

性的な興奮が自律神経のうちの交感神経の活動を促し、それがアポクリン腺を刺激するためです。そのため、もしも外陰部にアポクリン腺があれば、性交時ににおいがきつくなることがあります。

 

すそワキガが疑われる場合は、専門の医師の診察を受けましょう。

クリニックですそワキガ専用のケアを行うことで陰部の臭いを抑えることができます。

一般的なクリニックでの治療は、ボトックスの注入や電気凝固法がおこなわれるケースが多くなっています。

ボトックスによる治療は、臭いのもとになるアポクリン汗腺と汗のもとになるエクリン汗腺の働きをボトックスで抑えることで臭いの発生を改善できる効果が期待されます。

また、電気凝固法は、高圧の電圧を通電してアポクリン汗腺を凝固変性させることで、アポクリン腺の分泌機能を低下させます。ボトックスの注入も電気凝固法も施術が数回必要となります。

 

デリケートゾーンの臭いは専用の石鹸で抑えることが可能

性病の場合は通院が最も近道となる治療法ですが、先の述べた通り、加齢や体調、体質の問題から病気でなくても生じてしまうことはあります。

例えば、残業による過労や偏食が続いていると、体の健康バランスが崩れ、臭いがきつくなります。こういった生活習慣を見直すところから始めると、徐々にですがにおいが低減されていきます。

ただ、体調、体質の改善による対策はどうしても時間がかかりますし、必ずしもうまくいくとは限りません。

 

そこで、今すぐできる対策としては「入浴時に清潔に洗う」ということが挙げられます。

ただ、陰部は大変デリケートです。普通の石鹸での洗浄は刺激が強すぎるため、できれば避けた方が良いです

そこで、おすすめな物が「デリケートゾーンに特化した石鹸」の利用です

特におすすめな物は、インドネシアの自然のハーブ「ジャムウ」で作られた石鹸です。「ジャムウ」は多くのデリケートゾーン用商品に使われています。

例えば、以下の「ジャムウ・ハーバルソープ」は日本人女性の肌質に合わせて改良されていて大変使いやすいです。脇やVラインなどにも使用することができるため、1つ持っていれば、色々な部位のにおいを低減することができます。

※以下の画像から公式サイトで詳細が確認可能です。



臭い以外にも黒ずみの解消にも役立つため、悩みを持つ多くの女性に支持されています。

その結果、販売数は2014年9月時点で82万個となっています。なお、他の関連商品を加えたシリーズ累計ですと181万個の実績となっています。

 

生理でも臭いが強くなります

上記以外の理由に「生理」があります。

例えば、生理不順などが生じると臭いがきつくなる傾向があります。

このようなケースの症状と対策法は以下の記事で詳しく紹介していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

月経周期・生理不順と臭い 体臭は下着やサプリメントで対策可能

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る