すそワキガは電気凝固法で簡単に治療可能

女性の体臭の悩みであるすそワキガ

あまり発症自体することはありませんが、仮に発症しても治療はそれほど難しくはありません。

 

電気凝固法による治療

外陰部のアポクリン腺は、わきのように活動的ではありません。

そのため、手術で全部を抽出する必要はなく、電機凝固法という方法で十分治療が可能です。

これは、陰毛の毛根に絶縁針を刺して通電し、アポクリン腺を凝固させてしまうという治療法です。

特に、外陰部のアポクリン腺は、わきと違いすでに退化しているものが多く、平均2~3回の電機凝固である程度の効果が出ます。

また、単純な針治療であるため傷跡が残りませんし、治療当日からお風呂に入ったり運動をすることが可能です。

 

ただ、わきのアポクリン腺のように肉眼ではっきる分かる大きさではないため、「試験切開」ができません。

そのため、本当にワキガなのかどうか、電機凝固をする前に確認できないという弱点があります。

実際に、すそワキガと思って病院に行く人の中二は、他人に感じられるニオイは特にないにも関わらず、自分ではニオイが気になってしまう「自己臭妄想」の人もいます。

ニオイがあっても、股間部のエクリン腺からの汗や、小陰部にある皮脂腺からのニオイ、あるいは、おりもののニオイの場合も少なくありません。

 

電気凝固法を試す前にまずは婦人科へ

他の原因による場合は、電気凝固法で治療しても効果は出ません。

しかし、治療後ニオイが減ったのであれば、やはりアポクリン腺は存在していたということになり、その治療によって「すそワキガ」だったと診断がつくことになります。

効果があるのであれば、そのまま治療を続けて問題はありません。

しかし、このような治療を受ける前に婦人科を受診し、外陰部からのニオイが病気などによるものではないことはきちんと確認しておきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る