更年期に起こる女性の多汗症とそのニオイ

女性特有のニオイの悩みとして、更年期に起こる多汗症とそのニオイがあります。

 

更年期の女性の症状

更年期を迎えるころの女性から

  • 暑くもないのにやたらと汗が出て困る
  • 汗とニオイがひどくなる

という訴えをよく聞きます。更年期の症状には様々あり、のぼせ・冷えなどと並んで、全身に汗をびっしょりかくことも、代表的な症状といえます。

更年期になると、女性ホルモンの分泌が低下してきますが、もともと女性ホルモンには汗腺の調整機能があります。ところが、更年期になって女性ホルモンが減ってくると、汗腺機能の調整が乱れてきます。

その結果、体温調整がうまくいかなくなり、体を動かしていないのに汗が出てきたり、昼間だけでなく寝汗もかくようになるなど、時間や場所に関係なく汗が多くなります。

さらに、更年期特有のイライラや不安などの精神症状により、精神性発汗のメカニズムが強く働くようになることも影響しています。

 

出産後にも汗をかきやすくなる

更年期だけでなく、出産後、急に汗かきになることはよく知られていますが、これは産後に女性ホルモンの分泌が急激に変化し、自律神経が失調気味になることが原因で起こります。

このような産後の多汗を産褥性多汗と呼んでいます。普通は産後しばらくすれば自然になおってしまいますが、まれに精神性多汗のきっかけとなり、長く多汗に悩まされることになる人もいます。

そもそも更年期とは、女性が閉経を迎える前後数年ずつ、だいたい40代半ば頃から50代半ばごろまでを言います。更年期になると、女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンバランスも崩れてきます。

更年期に現れる色々な症状は、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経の調整がうまくいかなくなることが大きく関係しています。

ご存知のように、自律神経は血液循環や体温調整など自分の意思とは関係なく体の機能を調整する働きを持っています。発汗作用もそのひとつですから、自律神経のバランスが崩れてくると、発汗作用もおかしくなっています。

 

一般的に、多汗症の人の場合は、よく汗をかく場所は手や足です。しかし、更年期の場合、手足にほとんどかかない代わりに、顔や首、胸などにぐっしょりと汗をかきます。

汗腺機能と同時に体温調整機能も落ちているので、手足は冷たいにも関わらず顔だけがほてっていたり、首や胸にポタポタと滝のような汗をかく人もいます。

また、体を動かして生じる生理的発汗は、サラっとしていてニオイはほとんどしませんが、精神発汗である更年期の汗は、濃度が濃くベタベタしています。蒸発しにくいため、さらに体温調整の働きが鈍くなり、いつまでもダラダラとかき続けることになります。

このような汗は、アンモニアなどのニオイ物質が多く含まれているので、汗そのものがニオイを発しやすくなります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る