ワキガは人に伝染する? 遺伝はするが伝染はしない

強い臭いが特徴的なワキガ。

「ワキガは伝染する」という噂もありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

ワキガは伝染しません

結論から言いますと、ワキガは伝染しません。

ワキガは遺伝性の体質であるため、両親から遺伝することはありますが、ワキガの人と接触しても伝染することはありません。

ただ、ワキガ特有のにおいは身体に付着すると一時的にうつります。

例えば、ワキガの方から衣類を借りて、ワキガ臭の染み付いた衣類を身につけると、その衣類を脱いだ後もしばらく体ににおいが残ることがあります。

特に、相手がにおいの強い人である場合は、ウェットティッシュなどでふき取ったり石鹸で軽く洗った程度ではなかなかとれません。

さらに、相手が体にしっかりと付着したもの、汗が染み込んでいるものを着ている場合は要注意です。これらの服はワキガのニオイ成分が濃縮されてしまうため、その服を着用するとワキガ臭が体に強く残ってしまいます。

 

ワキガ臭が落ちにくいことが誤解を招いている

強いワキガ臭は石鹸で洗ってもなかなか落ちず、数日間続くこともあります。

このような事情から「ワキガは伝染する」という噂が出回っていますが、実際はにおいが長く残っているだけで、伝染することはありません。

においに敏感な子どもや思春期の人の間では誤解が出回ってしまうことが多いですが、決して伝染することはありませんので、気にしないようにしましょう。

 

なお、ワキガのにおいは意外と本人の方が気づいていないことが多いです。

慣れてしまっていることが原因で、自分のワキガのにおいについては感受性が鈍くなってしまう傾向があるそうです。特に、日頃からよく汗をかく人や激しいスポーツをする人は、ワキガを汗の一時的なにおいと勘違いしていることもあります。

そのため、自分が着た服を気軽に相手に貸したりしてしまうこともあり、それを着て肌に密着させてしまうと一時的にワキガ臭がついてしまいます。特に、水っぽさが強いワキガは体にベチョっと付くだけでかなり取れにくくなりますのでご注意下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る