足のにおいの原因 臭いが生じる3つのメカニズム

806

突然ですが、足のにおい、気になったことはありますか?

急なお座敷での会食、彼(彼女)の家への急な訪問、激しいスポーツや厳しい夏場の外回りの営業、冬場のブーツ。

こんなシチュエーションのとき、靴を脱ぐのをためらってしまいますよね。

 

足の臭いの原因

それではどうして足がにおうのか、そのメカニズムをご紹介します。

足から嫌なにおいが発生するまでの流れはこのようになっています。

  1. 足裏に汗をかく
  2. 雑菌、バクテリアが繁殖する
  3. においの成分、イソ吉草酸が発生

それでは一つ一つを説明していきましょう。

 

足裏に汗をかく

足の裏にはたくさんの汗腺があります。体の他の皮膚に比べると数倍もの数になります。

その汗腺から出される汗の量は、一日にしてコップ1杯半。

しかし、実のところこの汗にはほとんどにおいがありません。

その理由は、足の裏の汗腺は「エクリン腺」と呼ばれるもので体の全身に分布しており、そこから出る汗はにおいが少ないのです。

それに対して「アポクリン腺」は主に脇の下に多くあり、そこから分泌される汗はにおいが伴います。

それではなぜこのにおいの無い汗が、あの嫌な悪臭を発生させてしまうのでしょうか?

 

雑菌・バクテリアが繁殖する

汗をかいたことで靴の中は高温、多湿になり、さらに足の角質などを餌にして雑菌やバクテリアが繁殖します。

足の裏は他の体のどの部分よりも角質が厚く、代謝や摩擦でそれが剥がれて落ち、垢となって雑菌やバクテリアの繁殖を助けるのです。

 

においの成分・イソ吉草酸が発生

こうして雑菌やバクテリアによって体の分泌物が分解され、イソ吉草酸というにおいの成分を発生させます。

これこそが足の嫌なにおいの原因なのです。

 

以上がにおいが発生するまでのステップです。

 

足を清潔に保つグッズ

こうしてみると、「足の裏の汗を抑える」ことや「足の雑菌やバクテリアを増やさない」ことが、足のにおいを消す方法であるということが分かってきます。

しかし、一日中スポーツや仕事に励んでいる人にとっては、シャワーやウエットタオルなどで足を清潔に保つのってなかなか難しいですよね。

そんな人は足を清潔に保つためのグッズに頼ってみてはいかがでしょう?

数あるグッズの中でも代表的なものが「5本指ソックス」です。足のにおいに悩む人だけでなく、水虫にも効き目があるとされています。足の指の間の汗を吸収し、雑菌やバクテリアの繁殖を抑える効果があります。

また、靴に「吸汗中敷」を入れるのも効果的です。靴の中のムレを防いでくれ、殺菌効果もあります。こうしたグッズを上手に利用して、気になるにおいから開放されたいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る