足のにおいに最も気をつける季節は冬 女性のブーツは特に注意が必要

足のにおいは蒸れると強くなる、という考えから臭いがきつい季節は夏と思われがちです。

しかし、実際に足のにおいを最も気をつけなければならない季節は冬です。

 

冬に足の臭いを気にすべき理由とは?

冬に足が臭くなりやすい理由は「通気性が悪くなるため」です。

例えば、女性は冬にブーツを履く機会が増えますが、これがにおいの原因となります。

足首やふくらはぎまでピッタリと覆われたブーツは、冬の寒さから足を守ってくれますが足を密封してしまい、通気性がとても悪くなります。

一日中寒い外にいるならまだしも、ほとんどの人は暖房の効いたオフィスや建物の中で過ごす時間のほうが多くなります。

そうすると、ブーツの中は湿気で蒸れてしまい、嫌な臭いが発生してしまいます。また、近年流行しているムートンブーツはお洒落ですが、通気性の点では良いとは言えず、臭いの原因になり易いです。

816_2

「温かい」という理由から、素足やストッキングの状態でブーツを履いてしまう人もいますが、においの点では大変危険です。

靴下を履いていない状態ですと、汗を吸い取ってくれるものが何もなくなりますので、ブーツの中の湿気は最高に達します。

この結果、雑菌やバクテリアが足の角質を餌に繁殖し、臭いがよりきつくなってしまいます。

ブーツによる足のにおいを解消するために、まず施すべき対策は、

 

靴下の交換でブーツ内のにおいを軽減可能

ブーツ内の臭いを軽減させるには靴下の利用が必須です。

靴下を履き、学校やオフィスなどの建物に着いたら履きかえるようにするだけで、足のにおいは大分軽減されます。

また、脱いだブーツはできるだけ風通しの良い場所に置くことでにおいを消すことができます。

 

ブーツキーパーや消臭スプレーでブーツのケア

アフターケアとして、帰宅後はブーツキーパーを使用して、必ずブーツを立てた状態にしておきましょう。

ブーツを折り曲げて靴箱にしまうのは一番危険です。湿気やにおいの元がこもってしまい、臭いにおいがいつまで経っても取れなくなります。

また、乾いた後は消臭スプレーや抗菌スプレーを一吹きするとより効果的であり、翌日の雑菌の繁殖を防いでくれます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る