子どもの足のにおい対策に足用フットスプレー・アロマオイルを利用

830_4

洗っても取れない足のにおい

あるとき、小学校2年生の息子の足のにおいに気がつきました。

どこからともなく、時々香る納豆のような独特のにおい。

においの元はどこかとクンクン嗅ぎあさってみると、どうやら息子が近くにいるとにおいが強くなっているよう。

息子はサッカークラブに所属していて、その日は練習の後だったので、「もしや!」と思って足のにおいを嗅いでみたらビンゴでした。

もちろん、すぐに浴室に連れて行き、ボディーソープをつかって念入りに洗ってやりました。

830_1

普段の入浴は本人任せでしたので洗い方が悪かったのかな、と、洗い方を説明しながら、指の間や爪の中を念入りに洗ってやりました。

その後すぐに足のにおいを確認すると、驚くことにまだにおいが残っているのです!!

もともと巻きヅメの傾向があるので、洗浄に続けて爪を丁寧に切りました。

切ったばかりの爪の周辺のにおいを嗅いでも、においの元が爪の中なのか、指の間なのか特定は出来ませんでした。爪を切った結果、においはそれでも残っていました。

だったらと、ピンセットを持ってきて、巻きヅメ気味の親指の爪の脇に溜まっている汚れを取ってみました。

ホコリなのか角質なのかわからないけど、塊のようなものがスルッと取れました。

汚れのにおいはさほど強くありません。ですからこれがにおいの原因かというとわかりません。

洗ってみたことと爪のケアをしたことで若干足のにおいが軽減しましたが、数時間後に確認してみると、洗う前と同じ納豆のような強烈なにおいが漂ってきました。

まだ8歳にして足が強烈ににおってしまうなんて、これは病気ではないかと心配になってきました。

今時の子供はとても敏感です。周りの友人に指摘されてしまうようなことがあってはいけないと、ネットで解決策を調べてみることにしました。最悪は病院に連れて行くことも考えながら。

ネットには、5本指ソックス、足用消臭クリーム、みょうばん水など、色々な解決策が出てきました。

まずは一つずつ簡単なところから試してみようと決意しました。

 

足用フットスプレーを試してみる

830_2

小2の息子の足のにおいのトラブルを解決するために、ドラッグストアで足用スプレーを購入してきました。

大きなドラッグストアではなかったのですが、足用だけで数種類のスプレーがありました。

全てもともと脇の制汗スプレーで知られているメーカーのものです。

クリームのようなものもありましたが、息子はまだ2年生。靴下を脱いでクリームを丁寧に塗るという作業は自分でなかなかやってくれないでしょう。

本人でも簡単に出来て、私も気軽にこまめにケアしてあげることができるスプレータイプの方が良いような気がしました。

そうして選んだのは、数種類の中でも一番値段の高いスプレーです。やはり、値段相応の効果が期待できるかも、と。

においの元となる菌を殺菌成分「銀含有ゼオライト」で殺菌するというスプレーで、汗・皮脂吸着パウダーが配合されているので、制汗効果も期待できます。

さらに、デオドラント成分配合でほのかにいい香りを放ってくれます。

これを靴下を履く前の素足にスプレーするだけ。

まずは試しに、スポーツして帰ってきた後の息子の臭い足に一吹き。かなりにおいが強い状態です。

若干においはマイルドになるものの、独特の納豆のようなにおいは僅かに残っていました。

次に浴室でボディーシャンプーを使って足をきれいに洗い、その後にスプレー。

先ほどと違って、清潔になってにおいがほとんどない状態でのトライです。

スプレー後はサラリとして気持ちがよさそうで、においは完全にしません。もしかして効果ありかも!

その後、洗ったばかりの靴下に履き替えて家の中で過ごすこと3時間。

あの納豆のような強烈なにおいが再びやってきたのです。

残念ながら、足用スプレーは息子の足にはあまり効果が感じられませんでした。

そうなると、こまめにスプレーするのもなんだか意味がなさそうなので、次の方法を試してみようと思います。

足用スプレーは常に玄関先に置いておいて、気がついたら出かける前にシュッと一吹きさせるようにします。気休め程度かも知れません。

 

アロマオイルで足湯

830_3

息子のひどい足のにおいに気づき、何か対策をしなくてはと考えていたときに、ふとアロマオイルの存在に気がつきました。

もともとアロマセラビーが好きで、独学で色々勉強し、多方面に活用してきました。

例えばこどものおねしょ、夜鳴きといった精神的なストレスなどが原因となっている症状の改善、喘息や鼻炎などのアレルギー症状の緩和、トイレや浴室のお掃除、リラクゼーション効果のためのアロマオイルマッサージなど。

色々と学んでいく中で、自然の植物を精製して作られたアロマオイルには殺菌効果があるということを知りました。

時々カビやにおいが気になるところに、アロマオイルを垂らしたりすることもあります。

ふと、「このアロマオイルの殺菌効果を足のにおいの原因である雑菌やバクテリアに活用できないか?」と考えたのです。

 

方法は簡単です。

洗面器にお風呂と同じくらいの温度のお湯を張り、アロマオイルを数的垂らして足を洗う。それだけです。

もっとも殺菌効果があるのはティーツリーオイルですが、ティーツリー以外のアロマオイルも殺菌効果は備わっているので、とりあえず子供が好きな香りのラベンダーを選びました。ラベンダーは万能なオイルです。

眠気を誘ってリラックス効果があることで知られています。ちょうど就寝前だったので、香りがよい眠りを誘うとい相乗効果も期待できます。

何より、子供の足を洗っている自分自身が癒されます。

正直、強烈に匂う子供の足にイラついてさえもいて、何で私がこんなことまで!と思っていたのですが、温かいお湯とラベンダーの優しい香りによって子供の足を洗う作業も負担に感じなくなりました。

子供はというと満足そうに、本を読みながら足を洗ってもらっています。いいご身分だ事。

入浴後ですし、アロマの効果が薄れてはいけないので洗剤などは使わず優しく手で洗うだけ。

指の間を念入りに。すると自然にマッサージをしているような手つきになってきます。息子は最高に気持ちがいいはず。

数分かけて洗った後、清潔なタオルでキレイに水をふき取ります。

さて、足のにおいを嗅いで見るとどうでしょう、驚いたことに嫌なにおいはゼロです。

かすかに匂うのはラベンダーの香りだけ。何をしても取れなかった足のにおいがこんなに簡単に取れるなんて本当にビックリ。

これは毎日の習慣にしなくては!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る