臭いの原因を抑える効果的な靴の洗い方

家庭で洗えるのはスニーカーや子供の上履きなどに限られますが、これらはもっとも汚れやすい靴です。

出来たら頻繁に洗って清潔に保ちたいところですが、今回は洗濯のプロが教えるスニーカーの洗い方をご紹介いたしましょう。

 

スニーカーのにおいを取り去る洗い方

まずシューレース(靴紐)を外します。こうすることで、すみずみまで洗えるようになります。

ソール(靴底)が取れるものはソールも外しておきましょう。

加えて、スニーカーにブラスチック製のシューキーパーを入れて、靴をつっぱらせます。

シューキーパーを入れるこことで洗いやすくなり、縮み防止にもなります。

バケツに熱湯を注ぎ、専用洗剤(もしくは固形の洗濯洗剤、泡立たない液体タイプは×)をうすく溶かし、その中に靴を漬けます。なお、熱湯を使うので火傷防止のために必ずゴム手袋をつけましょう。

靴の表面に洗剤をつけ、靴用ブラシで表面全体を洗います。(靴用ブラシは100円ショップで手に入ります。)

泡立ちにくかったら、洗剤を多くつけてしっかり泡立てます。

時々熱湯で溶かした洗剤液にブラシや靴を漬けると汚れ落ちが確認できます。全体がきれいになったら一度水で流します。

今度は使い古しの歯ブラシに持ち替え、細かい部分や布が合わさった部分を丁寧に洗います。

あまり力を入れすぎると、表面がハゲてしまうので注意しましょう。

 

靴の中の洗い方

シューキーパーをはずし、再び靴用ブラシに持ち替えて、靴の中を洗います。

熱湯を靴の中に流しながらブラシで擦ります。熱湯を使うことで、雑菌やバクテリアをやっつけます。その後洗剤を入れて、泡を立てて再び洗います。

靴の中を洗い終わった後は、水で流して再びシューキーパーを入れます。すぐ入れると縮みを防ぐことが出来ます。

ソール(靴底)も熱湯で洗いましょう。たくさんの汗や汚れが染み込んでいるもっとも汚い部分です。

最後にシューレース(靴紐)は水を含ませて、洗剤をつけてもみ洗いします。

もめばもむほど汚れが落ちるのでシッカリ泡を立ててもんでいきましょう。洗った後は良く水で流して手で水気を良く絞ります。

最後に洗った靴を干していきますが、靴を干すときは陰干しが鉄則!!

直射日光に当ててしまうと、スニーカーのゴム素材や合成皮革素材の部分の劣化が著しくなります。

また、布の部分は色が日に焼けてしまいます。

直射日光は縮みも早いので、履いたときに足が痛くなってしまう恐れもあるので気をつけましょう。

 

まとめ

足のにおいは靴の手入れや消臭品の併用で効果的に抑えることができます。

このサイトでは色々な方法をご紹介していますので、適宜併用して頂けますと幸いです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る