サンダルなのに足がにおう!? その理由と対策は?

通気性が良く足があまり臭わないサンダル。

それなのに、サンダルを履いていた足がにおうと感じたことはないでしょうか?

 

サンダルで足が臭う理由

足のにおいの原因は、足から出る汗と足の角質などが合わさって雑菌やバクテリアが繁殖して起こると言われています。

素足にサンダルなら、湿気がこもってしまう靴と違って常に通気性がいいので、雑菌やバクテリアなど発生しないように思われます。

しかし、サンダルの形によっては常に指と指が隣り合ったり、指とサンダルの部分がくっつきぱなしでヌルヌルと汗が乾燥せずに残ることがあります。

例えば、「便所サンダル」のような類のものは、幅が広くつま先の部分が大きく開いているのでにおいの心配はほとんどありません。

しかし、女性が夏場に履くサンダルは、つま先の部分がつぼまっていて、足の指と指の間をキュッと縮めてしまっています。

また、サンダルの素材は皮やビニールで作られていることが多いため汗の吸収がとても悪く、それらの部分と足の指が接触したままになると汗が蒸発せずにいやなにおいを発してしまいます。

 

クロックスなども臭いの原因に

流行しているクロックスなどのサンダルでも足のにおいを訴える人は少なくないそうです。

この理由はゴムの部分が足に接触したままでいますと雑菌やバクテリアが繁殖してしまうからです。

サンダルは夏場などにとても使い勝手が良いですが、においが気になる場合は避けたほうがよいでしょう。

サンダルを履く場合のにおい対策

サンダルを履かなくてはならない場合は、どのようににおい対策をすれば良いでしょうか?

簡単な方法として、使い捨ての汗ふき取りシートで頻繁に足の汗をふき取ることが有効です。

サンダル履きということは脱いだり履いたりしやすいはずですので、特に指と指の間を重点的にふき取るとにおいが落ちます。

また、中敷(インソール)で汗を吸収させるのも効果的です。サンダルの場合は中敷が目立ってしまって仕様を躊躇されてしまうかもしれませんが、靴の素材にあった目立たないものを選べば問題はありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る