女子だから気をつけたい香水のニオイ対策:香水のメリットとデメリット

普段、香水ってつけていますか?

一般的なイメージとしても、合った香水を付けている女性というと「女子力が高い!」「モテそう!」「男性受けする」など、良い印象をもたれるケースが多いことでしょう。

 

一方で、他人のニオイだからこそ気になるということもありませんか?

どんなに自分自身は好きな香りでも周囲の人にとっては不快に思うこともあります。

女性だったら、周囲のことも考えた「女子力高い」香水の使い方をしたいものです。

 

今回は、香水のメリット・デメリットを知りながら、周囲の人に不快に思わせない香水の使い方を見ていきます。

 

香水をつけるメリット

何と言っても、香水に閉じ込められている良い香りが、つけた人の体温で少しずつ変化しながら周囲に香っていくという点です。

香るだけであればアロマキャンドルでも同じですが、人の体温や体臭によって、香水の香りが変化するという点です。

 

香水をつけるデメリット

デメリットとしては2点考えられます。

1つは、香水を常に付けていると、香水を付けている本人の鼻が香水の臭いに対して麻痺してしまうことで、周囲の人達を不愉快にてしまうほど付け過ぎる可能性がある点です。

もう1点は、食事の席での香水は、せっかくのご馳走を台無しにしてしまう可能性がある点です。

どちらも『マナー違反』だと思われると、香水を付けている人自身の評価も下がってしまいます。

 

香水を効果的に活用する!

周囲に喜んでもらえるような香水の付け方というのはないのでしょうか?

いいえ、○の掟を守れば、女性らしい香水の使い方をマスターできるはずです。

 

【掟その1:つけすぎない!】

『デメリット』のところでもありましたが、どんなに良い香りでもつけすぎは厳禁です。

特に、香水をつけている本人は香りに対する嗅覚が麻痺してしまっているので、つけすぎている事が多々あります。

例えば、自分の付けた香水の香りが自分自身で分かるのであれば、明らかにつけすぎです。

 

周囲の人に喜ばれる香水の付け方としては、空間に香水をひと吹きして、その下をくぐる程度でも十分香ります。

また、下着など、体温が移りやすい衣類を保管している場所に、好きな香水をひと吹きしたガーゼを綿製の袋に入れて、匂い袋のようにして使うというのも、良いでしょう。

 

また、家族や仲の良い人に「私が付けている香水ってきつくない?」などと定期的に聞いて見るのも、周囲の人がそのニオイに対して不快感をもっていないか確認できる良い機会です。

 

【掟その2:香水をつける場所に注意する】

香水をつける時、みなさんは体のどこにつけますか?

人によって様々だとは思いますが、耳の後ろ・首筋・手首という人が多いかもしれませんね。

 

しかし、これらの場所に香水をつける時には注意が必要です。

なぜならば、周囲の人が感じる『香水のニオイ』というのは、香水そのもののニオイに、香水をつけたその人の体臭が加わったものだからです。

 

体臭を自分で感じることは少ないかもしれませんが、体臭は普段食べているものや健康状態、体を適切に洗えているかという様々な要因で変化します。

いわゆる『フェロモン』が耳の後ろや首筋から出ているので香水をつけて相乗効果を狙うというのは良いことですが、一方で、『加齢臭』が出るのも耳の後ろや首筋からだとされていますので、注意が必要です。

 

このような理由があることから、香水をつけるオススメの場所としては、ひじの内側や太ももの内側などが挙げられます。

 

香水は香りが揮発しやすくするためにアルコールなどで作られているので、太い血管がって皮膚の温度が高いところ、かつ、体臭の少ない所であれば、長い時間程良く香ります。

そのため、オススメとしてあげたひじの内側はもちろん、香水を手首に少しだけ付けるというのは理にかなっているのです。

また、香水の香りは低い位置から高い位置へと香りが上ってくるのが特徴なので、オススメとしてあげた太ももの内側はもちろん、足首にほんの少しだけつけるということも理にかなっています。

 

さらに、香水をつける場所は直射日光が当たらない場所である必要もあります。

香水に紫外線が当たると化学反応を起こして香りが変わってしまう可能性があります。

また、香水に当たる紫外線量が多いと参加しやすくなって、夕方には香水そのもののニオイが変化してしまうこともありますので、つける場所を選ぶ時の参考にして下さい。

 

なお、香水は顔や洋服につくとシミの原因になってしまうこともありますので、注意をして下さい。

 

まとめ

今まで自分が香水をつけるときの付け方に間違いがあったと気がついてドキドキしている人もいるかもしれませんね。

今からでも遅くはないので、周囲の人に喜んでもらえるような香水の付け方をマスターして、誰からも憧れる女性になって下さい。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る