彼氏とのキスの際に「お前の唾液、臭い」と言われないために知っておきたい原因と対策

大好きな人から「お前の唾液、臭い」と言われることほどショックなことはありません。

「どうして、そういうこと言うの?」と相手に言いたくなる気持ちは分かりますが、ちょっと待って!

そもそも、唾液ってそんなに臭いものなのでしょうか?

ここではなぜ唾液が臭くなるのかという原因と対策を知って、男性からキスをせがまれるような女性をめざしましょう。

 

唾液が臭くなる原因を知る

まずは、唾液が臭くなる原因について見ていきます。

【原因1:歯や歯茎などにトラブルが起きている】

「唾液が臭い」と言われて1番最初に考えられるのが、歯や歯茎などにトラブルを抱えている場合です。

例えば、口内で炎症が起こっていたり、歯茎から血が出ていたり、膿んでいたりすると、それらが異臭を放って唾液に臭いが移ってしまうのです。

また、治療していない虫歯や歯周病がある場合も口臭が発生し、それとともに唾液にも異臭が移ってしまいます。

 

【原因2:唾液の中和力が低下している】

不規則な生活を送っていたり、偏った食生活が続いたりしていると、知らない間に体のあちこちに少しずつ不調が現れてくるものです。

 

本来、唾液には口の中に入ってきたものを中和する機能が備わっていて、この働きにより口腔内は常に清潔で口臭も出にくい環境となっていますが、体に不調が現れると口の中に入ってきたものを中和する力が低下し、唾液は常に酸性となってしまいます。

その結果として、口の中の環境が清潔に保たれず、唾液にも異臭が移ってしまいます。

 

【原因3:ストレス過多となっている】

人間はリラックスしているときであれば唾液の分泌量は正常でサラサラしており、口臭も強くありません。

しかし、ストレスを強く感じるようになると唾液の分泌量が減るだけでなく、また新鮮な唾液が分泌されずに古い唾液が口の中に残った状態になることから、臭いのもととなる嫌気性菌が活発に働くようになって、臭いを発するようになってしまいます。

 

【原因4:蓄膿症である】

蓄膿症になってしまうと常に鼻づまりがあるため、副鼻腔にたまった膿が唾液に混じってしまい、唾液が臭う原因となります。

 

【原因5:舌磨きをし過ぎている】

口臭が気になるからという理由で舌磨きを習慣にしている人も多いかもしれません。

しかし、強く磨き過ぎたり、舌磨きに適さないものを使用したりといった理由で舌の粘膜が傷ついて、唾液が臭う原因となる場合があります。

 

【原因6:薬の過剰摂取をしている】

稀なケースではありますが、内服薬やサプリメントを過剰摂取することで唾液が臭くなることがあります。

もしも思い当たることがあるようであれば、かかりつけの医師に相談するなど、専門家の指示に従って下さい。

 

唾液が臭くならないような対策をする

ここからは、唾液が臭くならないための具体的な対策について見ていきます。

 

【対策1:歯や歯茎は治療する】

まず、歯や歯茎に問題がある場合は、速やかに歯科医院に行って治療を行いましょう。

歯や歯茎の治療をするだけで唾液の臭いがかなり改善されるという人も多くいます。

 

【対策2:規則正しい生活をおくる】

唾液量の分泌量を減らさないためにも、規則正しい生活を送ることが重要です。

例えば、朝食は必ずとるように心がけるだけでも唾液の臭いが改善される事もあります。

肉中心の生活になっていたりカップ麺生活に偏っていたりする人は、野菜を多くとるなど栄養のバランスを意識して、ゆったりとした気持ちで食事を取るようにして下さい。

胃の調子が良くなる事で唾液の臭い解消に繋がることもありますし、ストレスをうまくコントロールすることができれば唾液の分泌量が増えて、唾液の臭いが改善することもあります。

 

【対策3:タバコとの付き合い方を見直す】

タバコにはタールとニコチンが含まれていますが、このタールとニコチンが歯茎に付着すると唾液の分泌を悪くして唾液の臭いが強くなる原因となることもあります。

禁煙することは唾液の臭い対策としては一番効果が高いのですが、喫煙者にとって禁煙するということは並大抵の努力ではできませんし、タバコが吸えないことが過度のストレスとなって、唾液の分泌を抑えてしまい、かえって唾液が臭くなる可能性もあります。

喫煙者は水分補給をしっかりとるようにして、口腔内が乾かないようにするように、日頃から心掛けけるようにして下さい。

 

まとめ

ここまでみてきたことから、唾液が臭い原因となっているのは、歯や歯茎に問題があることを除き、生活習慣に関する問題が大きくなっているようです。

習慣化していることを変えることは難しいことではありますが、「お前の唾液って臭い」と言われないためにも、コツコツと対策して改善していきましょう。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る