足のにおい対策 靴箱のケア

玄関に入ったとき、まず気になるのが「におい」です。

自分の家に帰ってきた瞬間もそうですが、人間は他人の家に入った際により強く臭いを感じます。

これは人間の五感のうち、嗅覚は視覚などと比べて脳に直接刺激を伝える働きがあるためです。そのため、人の家に入った際に初めて感じた臭い=その人、という意識が自然と記憶の中に埋め込まれます。

人を家に招き入れた際に相手が感じた臭いが、食べ物や洗剤のようなにおいならまだよいのですが、嫌なにおい(悪臭)だったとしたら…

その人はずっとあなたの家を「臭い」と思い込んでしまうでしょう。

 

玄関の臭いはケアしておきましょう

足のにおいが気になる人はさらに注意が必要です。

玄関の嫌なにおいは、悪臭がする靴が入っている靴箱(シュークローゼット)から臭ってくることが多いため、人を家に招き入れた際にその臭いが漂っていると、

「この人の家は臭い」

と思われてしまいます。

靴のにおい対策や湿気対策を行ったら、肝心な靴箱のケアもしてあげましょう。そうすれば玄関の嫌なにおいもなくなります。

ここでは、靴箱をケアする方法をいくつかご紹介します。

 

靴箱の掃除をする

普通に生活しえいると、なかなか靴箱の中って掃除する機会がありませんよね。

扉を常に閉まりっぱなしにしていると、湿気がこもりカビが生えやすくなります。

そこで、天気のいい日を選んで、一度靴箱の中の靴を全部外に出してみましょう。板を一枚一枚丁寧にふき取って、中の空気を入れ替えるだけでカビの菌はほとんどなくなります。

仕上げに抗菌スプレーなどをしておくとさらに効果的です。

 

脱臭剤をおく

きれいになった靴箱との中に、是非おいておきたいのが脱臭剤です。スーパーで市販されていますから、買いにいってみるといいでしょう。

特におススメなのが炭を使った脱臭剤ですが、こちらもスーパーで安価に手に入ります(もちろん本物の炭を置いておくのも効果があります)。

 

湿気取りをおく

靴箱に溜まりやすい湿気を取り除くために、湿気取りをおきましょう。

その日はいた靴はなるべく靴箱に入れずに乾燥させたほうがいいので、靴箱にはしまいません。

しかし、空気中の湿気がこもって雑菌が発生しやすい場所なので、出来る限り湿気は取り除いておきたいです。湿気は下のほうに溜まりますので、置く場所にも気をつけましょう。

 

気がついたら靴箱の扉を開けておく

誰もいない日中や、夜寝ている間など、靴箱が開けっ放しであっても困りません。

大事な靴が湿気の中でカビだらけにならないためにも、気がついたら扉を開けてあげることが大事です。

 

靴の置き方

靴箱いっぱいに靴をしまうと臭いがきつくなります。

靴箱の中の通気性が悪くなり、靴にカビが生えやすくなりにおいの原因になりますので、なるべく隙間を空けて、シューラックなどを利用して上手に置きましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る